株式会社スプラッシュ
AM9:00~PM7:00
毎週水曜日
2017年03月21日
ブログ

中里郷土の森緑地と清水山の森がオープンします 練馬区

中里郷土の森は100年以上前からある屋敷林を生かした公園。園内には練馬の自然や生き物について学べる「森の学習棟」を開設し、毎週日曜日には常駐の自然解説員による様々な体験型講座を実施します。

中里郷土の森緑地 練馬区大泉町一丁目51番2号

○バスでお越しの方
西武池袋線大泉学園駅北口から西武バス和光市南口行きで「北大泉」下車徒歩約5分。
都営大江戸線光が丘駅からみどりバス保谷ルートで「大泉町一丁目」下車徒歩約3分。

カタクリの花

清水山の森 練馬区大泉町一丁目6番

白子川流域の斜面林に「カタクリが自生している」と、昭和49年6月に区民から情報が寄せられました。翌春に群生するカタクリを練馬区で確認し、この貴重な自然を長く保全しようと、昭和51年に「清水山憩いの森」として整備しました。
平成29年3月、23区唯一の大規模なカタクリ群生地である「清水山の森」の貴重な自然を確実に未来につなげるため、さらにカタクリが自生しやすい環境を整備しています。整備にあたっては、人工物をできるだけ作らず、自然を残した公園づくりにしています。

3月25日頃からカタクリの花の見頃を迎えそうです。例年、花の見ごろは2週間程度です。雨や曇りの日は花が閉じており、よく晴れた日に花が開きます。是非、足を運んでみてはいかがでしょうか‥。

清水山の森は現在、平成29年3月23日(木曜)午後1時から開園します。
カタクリの自生地はカタクリ保護のため、閉鎖期間を設けており、カタクリの開花期のみ午前9時から午後5時に開放します。カタクリガイドが常駐しており、カタクリについての説明をいたします。

 

この記事を書いた人
鈴木 義晴 スズキ ヨシハル
鈴木 義晴
顔を見せて身分を明らかにし、真っ当なお手伝いをします。しつこい営業はしません、しつこくされるのが嫌いだからです。西東京市には、たくさん良いところがあります。親切でやさしい人がたくさんいらっしゃいます。一人でも多くの人に、その良さを知って欲しい、そして暮らして欲しい。モノよりもコト、コトよりもヒトを大切にする!そんなわたしです。
arrow_upward