AM9:00~PM7:00
毎週水曜日
2017年06月12日
ブログ

障害者サポーター養成講座

障害のある人への理解を深め、誰もが地域で安心して暮らしていけるよう、ちょっとした配慮や支援をする障害者サポーター制度を、平成25年11月27日からスタートしました。これは西東京市独自の取り組みです。

障害者サポーターとは

障害者サポーター養成講座等を受講し、障害のある人が困っていたら、ちょっとした配慮や支援をしていただく人です。 専門的な知識や技術は不要です。

障害者サポーターになったら

障害者サポーター養成講座等を受講していただいた人には、障害者サポーターを証明するサポートバンダナ・サポートキーホルダーを進呈します。(申請書の提出が必要です。)目につく場所に身に付けて、障害のある人が気軽に声をかけられるように心がけましょう。

障害者サポーター養成講座の内容

ちょっとした手助けが誰かの安心につながります!障害の特性やヘルプカード、ヘルプマークについての説明等で所要時間は約50分間です。※この講座は西東京市からの委託により、社会福祉法人さくらの園 就労移行支援事業所カノンが実施します。障害者サポーター養成講座の詳細(外部リンク)

 

この記事を書いた人
鈴木 義晴 スズキ ヨシハル
鈴木 義晴
顔を見せて身分を明らかにし、真っ当なお手伝いをします。しつこい営業はしません、しつこくされるのが嫌いだからです。西東京市には、たくさん良いところがあります。親切でやさしい人がたくさんいらっしゃいます。一人でも多くの人に、その良さを知って欲しい、そして暮らして欲しい。モノよりもコト、コトよりもヒトを大切にする!そんなわたしです。
arrow_upward