株式会社スプラッシュ
AM9:00~PM7:00
毎週水曜日
2017年01月17日
ブログ

東伏見駅周辺地区まちづくり構想 今年度始動

東伏見駅周辺、西東京市都市計画マスタープランの、「生活拠点」位置付、近隣居住者のための日用品供給など、生活密着した商業施設集積する拠点形成目指すこととしています現状では西武新宿線踏切による朝夕交通渋滞発生しており、歩行者交通環境防災面などにおいても課題えているためそれらの解決けたまちづくりが必要ですまた、周辺住宅地においても良好住環境維持、魅力ある景観形成けたまちづくりが必要ですこのような状況中、連続立体交差事業事業主体である東京都、東伏見駅西武新宿線井荻~東伏見駅付近について、平成166策定した踏切対策基本方針「鉄道立体化検討対象区間」として選定その後、平成206、事業化可能性について検討める「事業候補区間」として位置付、平成283には、新規着工準備する区間として「社会資本総合整備計画」位置付けました

西東京市では、連続立体交差事業見据、東伏見駅周辺をもっとみやすくいつまでもけたいまちとしていくため、踏切除却されたのまちの将来えた「東伏見駅周辺まちづくり構想」策定する予定です策定にあたり、対象地区内皆様から委員、策定けた意見交換などをまちづくり懇談会」げます。皆様からの応募をおちしております

西東京市では、連続立体交差事業を見据え、東伏見駅周辺をもっと住みやすく、いつまでも住み続けたいまちとしていくため、踏切が除却された後のまちの将来を考えた「東伏見駅周辺まちづくり構想」を策定する予定です。策定にあたり、対象地区内の皆様から委員を募り、策定に向けた意見交換などを行う「まちづくり懇談会」を立ち上げます。皆様からの応募をお待ちしております。

H28年度

  • 東伏見駅周辺まちづくり懇談会の立ち上げ

H29年度

  • 東伏見駅周辺地区まちづくり構想案についての意見交換
  • 東伏見駅周辺地区まちづくり構想の策定

 

この記事を書いた人
鈴木 義晴 スズキ ヨシハル
鈴木 義晴
顔を見せて身分を明らかにし、真っ当なお手伝いをします。しつこい営業はしません、しつこくされるのが嫌いだからです。西東京市には、たくさん良いところがあります。親切でやさしい人がたくさんいらっしゃいます。一人でも多くの人に、その良さを知って欲しい、そして暮らして欲しい。モノよりもコト、コトよりもヒトを大切にする!そんなわたしです。
arrow_upward