AM9:00~PM7:00
毎週水曜日
2019年12月26日
不動産ブログ

はじめて不動産を売る場合に注意すべき点を解説します

ご所有の不動産を売ると考えた場合「不動産会社は適正な価格をつけているのか?」という疑問は持たれますよね。

以前は不動産会社に頼るしかありませんでしたが、現在はインターネットで検索すれば、おおよその価格を調べることが可能になりました。

なかでも査定を複数の業者に一括で依頼できるようになっていますので、意外と簡単に査定価格を知ることができます。

不動産会社任せにしない

不動産を購入したことはあるけど売却は始めてという人、多いのではないでしょうか?

人生のうちで何度も経験することではないので、多くの人は何も分からない状態かと思います。

不動産の売買には各種専門的な知識が必要になることから、売却を考えた場合に不動産会社に全てを任せがちになってしまいます。

果たして適正な価格が付けられているかどうか?

気になりますよね。誰でも、少しでも高く売りたいというのが本音です。

インターネットの普及により、専門知識がなくてもある程度は不動産の売却に関する知識を得ることが可能となりました。

売却一括査定サイトなどを利用すれば、複数の不動産会社に査定を申し込むことができます。

その不動産会社から、ご自身が納得のいく査定額を提示する会社を選択すればいいのです。その際に地域密着で営業する会社も加えることをお薦めします。

自分で調べて納得のいくパートナーを選びましょう。

売却時期

不動産を売却するときには、価格も重要ですが、もう1つ重要なのが「いつまでに売るのか」です。

売却の時期をしっかりと考えなければ、価格に大きく影響してしまう場合があります。

重要な要素は売却価格と引渡し時期です。ご家族ともよくコミニュケーションを取るようにしましょう。

不動産取引には繁忙期があります。

不動産取引の繁忙期は1月から3月です。就職や転勤、独立や結婚、子供の進学、税制の適用条件の改正等、いろいろな理由が想定されます。

この時期は人の移動が多く、物件を探す人もそれに合わせて増えるので、不動産市場の動きが活発になります。

繁忙期に合わせて住宅を売る準備をすることで、より高い価格で売却することが可能となるのです。


時期を逃すと売れるものも売れなくなる?

不動産の売却に適している1月から3月の間は買い手も増えますが、この時期を逃してしまうと高い価格で売却できる可能性が低くなってしまう場合もあります。

最終的には価格を下げなければならない場合もありますので注意しましょう。

もちろん早く現金に変えたいという場合もありますが、売れないからといって価格を下げて焦って売却しようとすると、買い手側が「なぜ売却を急ぐのか?」「物件自体に何か問題があるのでは?」と疑問に思うことが予想されます。

長期間売却の募集をしていると、買い手に「この物件は何か問題のある物件?」というイメージを与えてしまいますので注意が必要です。

相場を逸脱しない

査定価格を見て、誰でも「もっと高く買ってくれる人がいるかもしれない」と思うのは当然のこと。

ですが「もっと高く売れるかも」と、引き延ばしていると最良の時期を逃してしまい、逆に値下げをしなければならなくなってしまうこともあります。


複数の不動産会社に査定依頼をして本当の価格を知ることです。

不動産を売るとき、どれくらいの金額で売れるのか事前に調べておく必要があります。インターネットなどを利用し、売りたい不動産の周辺の物件情報を見ることで、おおよその相場を調べることが可能です。

正確な査定を依頼する。

インターネットで可能なのは簡易査定です。あくまでも相場を知るために利用するもの、簡単な見積もりですから、実際の査定額とは異なることはあります。

極端に安かったり、高かったりと適正な見積もりとは言えない場合もあります。

実際の査定額を知るには訪問査定をお薦めします。訪問査定は不動産会社が現地まで行き、物件を確認して確な査定額を見積もりします。

訪問査定があることから「1社にしか依頼できないのでは?」と思われていまいますが、査定方法は不動産会社によって相違しますので、複数の会社に見積もりを依頼するようにすることをお薦めします。

担当者を選ぶ

売れるであろう金額が分かったら、売却を依頼する会社の担当者をみましょう。

連絡がすぐに取れる人ですか?

分からないことを丁寧に教えてくれますか?


どんな質問にもハキハキと応えてくれる人ですか?

不動産業界でもIT化が進み、あらゆるデータを知ることが出来るようになりましたが、最後は“人”です。

デジタルなようでアナログなのが現実です。不動産という“モノ”を売買するのですが、それには知識や経験といった“コト”が重要な要素であり、買主との橋渡しをするのが”ヒト”だからです。

不動産というモノ・知識や経験といったコト・橋渡しをするヒトが三位一体となることで より高く、より早く売る事が可能となるわけです。

store

会社概要

株式会社スプラッシュ
arrow_upward