AM9:00~PM7:00
毎週水曜日
2019年12月15日
ブログ

境界の明示は所有者の義務です!

西東京市南町2丁目、

近隣の方に協力いただき、

境界の確認作業をしました。

【動画で解説】西東京市南町2丁目で境界確定作業

所有する不動産を売る場合、

後々のトラブルを避けるためにも、

境界を確定し測量をする事をお勧めします。

隣接する土地の所有者に立会いの協力をいただく作業、

境界立会い、確認の手続きは土地家屋調査士が行います。

土地家屋調査士が行う「境界確定」のおおよその流れ

・土地家屋調査士に依頼

・資料調査
法務局、市区町村役場、土地区画整理組合などで境界に関する資料(公図、地積測量図、換地図など)、道路・水路、公共物との関係を調査します。

・現地の測量
現場の状況によって測量範囲は異なります。

・集資料と測量結果を確認
収集資料、測量結果と現地の状況などを精査します。

・仮の境界点を現地に復元
境界と思われる位置を明示します。

・関係土地所有者との境界立会い
隣接地所有者、公共物管理者等関係者と現地にて確認します。

・境界標設置、境界確認書の取り交わし
境界立会で確認した位置に永久標を設置します。また、確定図面を作成し後日の証しとします。

・必要に応じて登記申請(地積更正登記や地図訂正)を行います。

登記簿面積と実際の面積が異なる場合はどうするの?

登記簿に記載されている面積(地積)と、

実測面積(境界確定をし、実際に測量した面積)が異なる場合は、

境界確定後の面積に合わせる「地積更正登記」を申請します。

この記事を書いた人
鈴木 義晴 スズキ ヨシハル
鈴木 義晴
西東京市やお隣の練馬区の地域お役立ち情報(イベント情報・暮らしに役立つ情報)や不動産全般に関する情報を毎日発信しています。特にこだわるのは『西東京市をもっと元気に!』~地域で頑張る(顔晴る)人、お店を紹介しています。是非、お引き立てください。
store

会社概要

株式会社スプラッシュ
arrow_upward