AM9:00~PM7:00
毎週水曜日
2017年08月11日
ブログ

新築一戸建てを見学する時に活躍する「魔法の新聞紙」をご存知ですか?


完成している新築一戸建てを見学する際の七つ道具をご存知ですか?~新しくて、広い、あこがれの新築一戸建て!ご見学の際は「そこに住まう」をイメージされるとよいでしょう。日々の生活‥具体的にはキッチンで料理をしている、洗濯物を取出しバルコニーで干す‥などイメージしてください。

見学される際の七つ道具

1.間取り図(物件紹介のチラシ)
間取り図と実際の間取りとの違いがないかを確認します。

2.筆記用具(ラインマーカーやサインペン)
気がついたことや、気になったことを記入しておきます。
複数の物件を見学する場合に比較するのに役立ちます。

3.時計
物件から駅やスーパー・コンビニまで実際かかる時間を自分で歩いて計ります。
物件紹介チラシに書いてある所要時間は「徒歩1分=80メートル」で表示されています。

4.メジャー
部屋の広さや天井の高さ、あるいは、窓・入口の大きさを計りましょう。
これで大型家具の配置やカーテン等の購入もスムーズに運ぶことでしょう。

5.コンパス
方角を確かめるために使います。
間取り図に記載されている方角とズレている場合もありますので、陽当りを確認しておく必要があります。

6.デジタルカメラ、もしくはカメラ付き携帯電話
気になった部分は、ひと声かけて写真を撮らせてもらいましょう。

7.チェックリスト
ご家族で事前にチェックリストを作られることをお薦めします。
大切にされている家具、家電製品など新居でお使いになる品々など大きさを事前に記入しておきましょう。 聞きたいことなどを箇条書きにされると効率よく質問できますし、確認漏れもなくなります。

西荻で一目惚れしたテーブルとソファが入るの?

今では7つ道具もスマホがあれば事足りる時代(笑)~ここからがとっておきのお話!練馬区上石神井にお住まいの若いご夫妻をご案内した際、「テーブルとソファは、新婚時代に西荻窪の骨董品店で一目惚れたした家具なんです。これが上手く置けるか‥」、ご案内した下石神井の新築一戸建てのリビングでお話を伺いました。手帳には細かくテーブル、ソファ、チェストの大きさが書かれています。「うーん、たぶんサイズ的には置けると思うのだけど」と少し心配顔の奥様。ご主人様は、あまり気にされていなく冷ややか様子ですが、奥様にとってはテーブルとソファが置けるかどうかが、とても重要なポイントでした。

魔法の新聞紙で問題可決!


奥様に「少し、待ってください」と一旦車に戻り、手にしてきたのは新聞紙の束(笑)「あの~手帳に書かれているテーブルや、ソファのサイズに合わせて新聞紙を切りませんか?」と口にすると「?」といった表情の奥様。するとご主人様が「そうか具体的な大きさに型取りをし、フロアーにおいてみればいいのか!」。お二人仲良く新聞紙を広げたり、切られていました。私、このようなために新聞紙とハサミを2つ、トランクに入れています。

お客様のkさんに教えてもらった方法です

この「魔法の新聞紙」は、私が27歳の時に、マンションを購入されたお客様に教えてもらった方法です。輸入家具のお店で働く奥様は「海外の家具は、日本の物より大きめな物が多く、部屋に置くとバランスが悪かったりすることがあるんですよ。だから新聞紙なんです!」そこのお店では、お客様が家具を気に入られると倉庫に移動します。倉庫には、6帖,8帖,10帖の大きさにテープで色分けされ、ひと目で部屋の大きさが分かるようにしてありました。そこに気になった家具の大きさに切り取られた新聞紙を拡げるのです。なるほど~といった感じですよね。

引っ越しに備えて、玄関の位置と窓の大きさをチェック


気に入られた新築一戸建てのキッチンや洗濯機置場が2階部分にある場合、建物が3階建の場合、道路と玄関の位置関係を確認してください。お引っ越しのときレッカー車での作業ができるかの確認のためです。また、ドアなどの建具が丁番を外さずに取り外せるタイプなのか、窓のサイズも測られることをオススメします。
この記事を書いた人
おうちナビ
おうちナビ
当ホームページに掲載されていない物件もお取扱いできますので、是非お問い合わせください。そのほか物件のこと、住宅ローンのこと、不動産のことなどで気になった事はお気軽にご相談ください!
store

会社概要

株式会社スプラッシュ
arrow_upward