AM9:00~PM7:00
毎週水曜日
2019年02月13日
ブログ

想いが詰まった実家を一生懸命に売ります

懇意にするハウスメーカーの営業マンから「父の実家を売ることにしました。いろいろと相談にのってくれませんか?」お電話をいただきました。

トマト、きゅうり、ナス‥たくさんの野菜を育てた庭

売ることにしたから庭をキレイにされた庭です。「両親がこの庭で沢山の野菜を育てていたんですよ。建物は40年経過し使いものにならないだろうけど‥お世話になった家だから感謝を込めて草むしりしました。」~ウルウルするお話です。
約20年前にお父さんが他界されお母さんが相続されました。その後、お母さんがお住まいでしたがお身体を患い施設に入所されることに。お子様がご近所にお住まいでしたので建物に風を入れたり、庭の草むしりなどご近所に迷惑をかけぬよう管理をしてきました。3年前にお母さんがお亡くなりご相続‥どなたもお住まいになることがないまま「空き家」になっていました。この程、ご兄弟間で話し合い整い手放すことになったのです。

この擁壁は問題だあ!

わたしが「土地」を見る際に心がける点は、道路と敷地との接道状況や地形といったものが中心となり、お客様には申し訳ありませんが建物についてはほとんどスルーをしてしまいます。但し、設備、浄化槽や井戸といったものは要チェック事項です。

【現地を見る際の重要ポイント】

1,上を見る(送電線などが走っていないか?」
2,周りを見る(越境されてないか?越境していないか?)
3,高低差があるかないか?

あらゆる方向から写真を撮り記憶が薄れないうちにメモ書きします。

リノベする?解体する?

売るに際して2つの作業のお願いをしました。

1,確定測量の実施
2,解体工事の見積もり積算

売主様は地元で手広くご商売をされています。それゆえたくさんの不動産会社を知っておられます。レインズの成約事例をお見せし資料をお渡ししました。『エッ、こんな資料があるの?他からはそんなこと聞いていないけど‥』「わたしは自分に都合の良い情報しか見せないことはしません。ありのままの事実をお見せするだけです。確かに地の利は全くありませんけど売る智恵と経験はあります!」とお伝えいたしました。

リノベをし中古住宅として売るか?
それとも解体して更地として売るか?
悩むどころです。


想いが詰まった実家を一生懸命に売ります!

★★★無料で差し上げます★★★

「損しない不動産の売り方」
「不動産業界に警鐘を鳴らした私の論文」

資料請求ホームはこちらをクリック

この記事を書いた人
鈴木 義晴 スズキ ヨシハル
鈴木 義晴
西東京市やお隣の練馬区の地域お役立ち情報(イベント情報・暮らしに役立つ情報)や不動産全般に関する情報を毎日発信しています。特にこだわるのは『西東京市をもっと元気に!』~地域で頑張る(顔晴る)人、お店を紹介しています。是非、お引き立てください。
store

会社概要

株式会社スプラッシュ
arrow_upward