AM9:00~PM7:00
毎週水曜日
2018年04月16日
ブログ

春の雑草教室を開講します

エコプラザ西東京では、飯島和子さんをお招きし、春の雑草教室を開講します。

「最近この雑草が増えているが、どうして?」

「雑草はじゃまなだけで、役に立たないの?」

そんな疑問や関心を持った方にお薦めの環境講座です。

講師が観察の仕方や雑草の特徴をわかりやすく解説します。

平成30年5月15日(火曜日)午後1時30分から3時30分

日時
平成30年5月15日(火曜日) 午後1時30分から3時30分
少雨決行。暴風雨などの場合は翌日5月16日(水曜日)の同時刻に延期します。
集合:西武新宿線東伏見駅南口階段下

対象
市内在住、在勤、在学の18歳以上の方

内容
雑草観察

場所
下野谷遺跡公園及び周辺

講師
飯島和子氏(農学博士、秀明大学非常勤講師、「校庭の雑草」・「形とくらしの雑草図鑑」・「自然を楽しむ 自然と遊ぶ」など著書多数。) 

定員
20人(申込み順)

持ち物
野外活動に適した服装、タオル、帽子、雨具、飲物、筆記用具

参加費
無料

お申込み・お問合せ
エコプラザ西東京(泉町三丁目12番35号)
電話、ファクスまたはEメールにて名前(ふりがな)、住所、電話番号(日中つながるもの)、年齢をそえてエコプラザ西東京までお申し込みください。
受付開始は平成30年4月19日(木曜日)午前9時からです。
電話:042-421-8585(電話受付時間:午前9時から午後5時まで)
この記事を書いた人
鈴木 義晴 スズキ ヨシハル
鈴木 義晴
平成11年2月、勤務していた不動産会社の社長が急病で倒れました。人一倍、健康を気にする社長はスニーカーを履いて徒歩で現場周りをするのが日課、その知らせを聞いたときは耳を疑いました。きっと何かの間違いでは‥と。店長の私は「社長は病気と闘っている。きっと元気になり戻ってくるから、僕たちみんなで会社を守ろう」と社員に思いを伝え、仕事を熟す日々でした。ある時、社長のご親族から『会社を閉めることにするから身の振り方を考えて欲しい』旨の話をいただきました。青天の霹靂、そんなにも体調が悪かったのか、社長に会わせてくださいと懇願しましたが、残念ながらその希望は叶いませんでした。日頃お世話になる方に相談をしました。すると「独立しろ!お前が会社の社長をやるんだ!」、不動産業界の怖さ恐ろしさを知る自分は怯みました。無理だ!俺にはできない‥と話す自分を一蹴、バカヤローと怒鳴られたことを今でも思い出します。それをきっかけに株式会社スプラッシュを設立したのです。スプラッシュは水しぶきという意味です。勢いよく前進しないと水しぶきにはならない~後押しをしてくれる人たちのためにも走るをイメージしての命名です。その後、たくさんの人に恵まれトントン拍子に事業が拡大、兵庫県西宮市に支店を構え建設大臣免許に、1年間の新築分譲住宅の契約数が300件に迫る勢いでした。恥ずかしい話ですが、その頃の私は完全に天狗になっていました。あれほど大好きだったお客さんとの接することを人に任せ、新規販売の企画ばかり、仕事というよりゲーム感覚で数字ばかりを考えて、人の心を思わない、感じない社長になっていました。情けなく、穴があったら入りたい気持ちです。そんな私の大きな転機になったのが東日本大震災です。目を疑う光景、言葉で言い表せない状況、自分自身の無力さを感じたものです。今のままではいけない、失うことを怖がってはいけない、そもそも裸一貫で作り上げたもの、守りに入ってはいけない~プライベートで大きい決断、第二の創業と考え、根本的改革を行うことにしました。人・物・金プラス時間をかけてきました。西河技術経営塾で学び気づき、自分が本来持てる能力を試すとともにチャレンジしようと決心、日々取り組んでいます。それが「モノではなく、コトでもなく、ヒト」~知性・感性・心性で成り立つセンスウエアの具現化です。不動産業を生業とし30年が超えました。ヒトを慮る(おもんばかる)、そのような接し方こそが自分の歩む道と考えています。雲外蒼天、今日も元気に顔晴ります。長々とお読みいただきありがとうございました。
store

会社概要

株式会社スプラッシュ
arrow_upward