株式会社スプラッシュ
AM9:00~PM7:00
毎週水曜日
2017年02月21日
ブログ

光秀の定理 垣根涼介さん初の時代小説は面白い!

 

「君たちに明日はない」、「借金取りの王子」、「勝ち逃げの女王」で好きになった垣根涼介さんが初めて書いた時代小説!TUTAYAで平積みになっていたのでパラパラ捲り‥明智光秀?立ち読みをすると‥うん、面白い!と感じ一気読みをしました。

時代小説に確率論?

4つあるお椀のひとつだけに石が入っていてるお椀を選びます。一つ選んだ後に空のお椀二つを取り去って、さて、選び直してもよいとしたら、あなたはどうしますか?私の場合、始めに選んだお椀のままにします!(このように選ぶ人が多い?)でも、これは不正解!!初め4つのお椀の内から1つ選ぶと確率は1/4、空のお椀を2つ取り去って残った2つのお椀の内から1つを選ぶと確率は1/2。

本能寺の変には触れない?

明智光秀と言えば、言わずと知れた「本能寺の変」となると思いきや‥書かれていない。信長は秀吉より光秀を徴用、織田軍最強集団と言われた【桔梗文】の力を知っていたからです。その光秀が「なんで本能寺の変なのか」、それに至る心理変化を巧みに描写しています。光秀の妻、照子の記述は「へえ~うまい展開にもっていくものだな」感心然り。

 

頭を柔らかくして読むと面白く楽しめる一冊です!!

 

この記事を書いた人
鈴木 義晴 スズキ ヨシハル
鈴木 義晴
顔を見せて身分を明らかにし、真っ当なお手伝いをします。しつこい営業はしません、しつこくされるのが嫌いだからです。西東京市には、たくさん良いところがあります。親切でやさしい人がたくさんいらっしゃいます。一人でも多くの人に、その良さを知って欲しい、そして暮らして欲しい。モノよりもコト、コトよりもヒトを大切にする!そんなわたしです。
arrow_upward