株式会社スプラッシュ
AM9:00~PM7:00
毎週水曜日
2017年02月18日
ブログ

歯ブラシ事故に注意しましょう

乳幼児が歯磨き中に転倒したり、人や物にぶつかり、けがをするケースが増えています。歯ブラシは、とがった部分がないため危険性が認識しづらいものです。でも、深く刺さると思わぬ大けがになるおそれがあります。

1歳児の事故が多い!

6歳以下の乳幼児が歯磨き中にケガをしたケースは49件(2010年12月~2013年1月・医療ネットワークより)

歩行中の転倒が最も多い! 

ケガをした要因は「歯磨き中に歩くなどして転倒」が64%・「人や物にぶつかる」(16%)・「踏み台からの転倒」(12%)・その他(8%)となっています。

1人で歯磨きをしている0~3歳の乳幼児を持つ保護者1200人からアンケート

4人に1人は事故経験がある‥40%が1歳児

歯磨きをしながら歩き回る乳幼児‥85%超

歯磨き中による事故を聞いたことが無い‥68%

乳幼児の歯磨きは一人でさせないようにしましょう!! 

歯ブラシは先端は尖っていませんが、細長いために、力が加わると、意外と深く刺さる場合があります。思わぬ大きな事故につながる可能性があります。

歯ブラシを口に加えたり手に持たせたまま歩き回らせない

人や物など周囲に気をつける

いすや踏み台などの場所では歯磨きをさせない

 

この記事を書いた人
鈴木 義晴 スズキ ヨシハル
鈴木 義晴
顔を見せて身分を明らかにし、真っ当なお手伝いをします。しつこい営業はしません、しつこくされるのが嫌いだからです。西東京市には、たくさん良いところがあります。親切でやさしい人がたくさんいらっしゃいます。一人でも多くの人に、その良さを知って欲しい、そして暮らして欲しい。モノよりもコト、コトよりもヒトを大切にする!そんなわたしです。
arrow_upward