AM9:00~PM7:00
毎週水曜日
2021年09月14日
ブログ

西東京市、妊娠中の方などへの新型コロナワクチン優先接種の予約受付をします

西東京市では、妊娠中の方や、同居の配偶者(同居のパートナーを含む)を対象に、集団接種会場における接種の予約を、優先的に受け付けます。引用元:西東京市役所ホームページ(ページ番号 134-688-253)

9月17日(金)8:30から(コールセンター予約にて)

1回目接種日
9月21日(火曜日)
9月22日(水曜日)
9月24日(金曜日)
9月28日(火曜日)
9月29日(水曜日)
9月30日(木曜日)

午前10時30分~午後0時15分(15分単位で受付)

※2回目は3週間後の同じ曜日・同時刻・同会場

場所
田無アスタ ワクチン接種会場

対象者
(1)現在妊娠中の方で、主治医(産婦人科医)から接種をしてよいと言われている方
(2)妊娠中の方の同居の配偶者(パートナーを含む)
※里帰り出産帰省中の妊婦の方を含む(住所地外接種の届出が必要です)

持ち物
クーポン券(接種券)、予診票、本人確認書類、母子健康手帳(写し可)

※10月以降の優先接種については市報や専用HPで発表されます

予約方法
電話【西東京市新型コロナワクチンコールセンター(電話:03-5369-3904)】

令和4年3月31日(木)まで開設しています! 妊産婦向け助産師オンライン相談

コロナ禍で不安や悩みを抱える妊産婦を対象とした、Web会議システムを利用したオンライン相談を実施しています。妊産婦向け助産師オンライン相談
妊娠中のこと、産後のこと、生まれてくるあかちゃんのことでお悩みの妊婦さん・産婦さんを対象に、東京都助産師会の助産師がオンラインで相談をお受けします。 
引用元:東京都保健福祉局ホームページより 
         
【相談例】
○妊娠中のつわりが辛く体調が心配。妊娠による身体や生活の変化に悩んでいる。
○産後のお金や生活のことが気になる。
○妊娠や出産により、周りとの人間関係に悩んでいる。
○里帰り出産を控えることにしたが、初めての出産であり、不安。
○在宅の時間が増えて、精神的に辛い。話を聞いてほしい。
○産後の身体や体調のことで悩んでいる。
○授乳や沐浴のことを教えてほしい。乳房トラブルで悩んでいる。
○卒乳や離乳食のことを相談したい。  
○思いがけない妊娠をして戸惑っている。         など

パートナーやご家族など、本人だけでなく複数人での相談も可能です。新型コロナウイルスに不安を抱えている妊産婦のみなさま、感染の有無にかかわらず、是非ご利用ください。また、東京都 妊娠相談ほっとラインにおいても、新型コロナウイルスに関する相談を受け付けています。

オンライン助産師相談リーフレット(PDF:1,084KB)

開設期間
令和3年1月4日(月曜日)から令和4年3月31日(木曜日)まで
※開設期間を延長しました。

委託先
公益社団法人東京都助産師会

実施時間
(1)月曜日から土曜日:午前9時から午後7時まで
(2)日曜日及び祝日:午前11時から午後4時まで
 ※費用は無料です。ただし、相談にかかる通信料等は自己負担となります。

利用方法
当相談窓口は、予約制です。以下予約サイトより、お申込みください。
予約はこちらから
相談希望日の30日前から2日前まで予約可能です。

西東京市の暮らしに関する情報を毎日発信しています

西東京市には
たくさん良いところがあります
親切でやさしい人がたくさんいらっしゃいます

一人でも多くの人に
その良さを知って欲しい
そして暮らして欲しい

3つのつ

つながる
つたえる
つづける

モノよりもコト
コトよりもヒトを大切にする

西東京市内の
暮らしに役立つ
地域情報やイベント情報
積極的にお届けしています

【J:COMに出演しました】
たまろくと人図鑑 第207回 鈴木義晴さん(2/1放送)
https://www.youtube.com/watch?v=xzILTmouSdA&t=7s

西東京市をもっと元気に!
頑張るではなく“顔晴る”鈴木義晴のプロフィール

この記事を書いた人
鈴木 義晴 スズキ ヨシハル
鈴木 義晴
顔を見せて身分を明らかにし、真っ当なお手伝いをします。しつこい営業はしません、しつこくされるのが嫌いだからです。西東京市には、たくさん良いところがあります。親切でやさしい人がたくさんいらっしゃいます。一人でも多くの人に、その良さを知って欲しい、そして暮らして欲しい。モノよりもコト、コトよりもヒトを大切にする!そんなわたしです。
arrow_upward