AM9:00~PM7:00
毎週水曜日
2018年01月12日
ブログ

フレイルサポーターを募集します(西東京市)

平成30年度第1回西東京市フレイルサポーター養成研修事前説明会を開催します!

フレイルサポーターになって地域デビューしませんか・

フレイルサポーターは、平成29年から市が取り組みを開始した、自身のフレイルの状態を確認できる「フレイルチェック」や、市内外でフレイル予防の普及啓発活動を行います。今、大注目のキーワード「フレイル」の予防について、市民に広める「フレイルサポーター」になって地域デビューしませんか?

サポーターの活動内容についての事前説明会

本番の養成研修を受ける前に、この事前説明会でサポーターの活動内容等を説明します。また、先輩サポーターに質問できる時間も設けますので、こちらの説明会にご参加いただいた上で、サポーターをやりたい!やっていけそうだ!と思った方は下記の養成研修にもご参加ください。

日時
平成30年3月14日(水曜日) 午前10時から正午まで
※9時50分にはお席にお付きください。

会場
西東京市役所田無庁舎 5階 503会議室

持ち物
筆記用具、水分補給できる飲み物、資料を持ち帰れるバッグ等をお持ちください。

主な内容
フレイルやサポーター活動の簡単な説明と、市の取組の説明、サポーターを指導する専門職であるトレーナーや先輩サポーターへの質問できる時間等を設けます。

サポーターになりたい!と思った方は、ぜひこの養成研修を受けてください

一緒にフレイル予防を市内外に広めて、より多くの方に元気に暮らしていただき、西東京市を盛り上げていきましょう!

日時 ※両日ともご参加いただく必要があります。
平成30年4月11日(水曜日) 午後1時から4時30分まで
平成30年4月25日(水曜日) 午後1時から4時30分まで
※両日とも午後0時50分にはお席にお付きください。

会場 ※両日とも同じ会場です。
西東京市防災センター 6階 講座室2

服装、持ち物など
服装は、軽装、動きやすい恰好でお越しください。
また、筆記用具、水分補給できる飲み物、資料を持ち帰れるバッグ等をお持ちください。

フレイルって何か?、フレイルチェックとは

1日目
養成研修の初日は、「フレイルとは何か?」から始まり、「今、なぜ取り組む必要があるのか?」についての講義です。また、「フレイルチェック」を実際に体験します。

2日目
養成研修の2日目は、初日に体験した「フレイルチェック」を運営する側になるための練習を行います。理学療法士や柔道整復師の資格を持つ専門職(フレイルトレーナー)や先輩サポーターから指導を受けながら、実際に測定器を使って測定方法を練習し、フレイルチェックの運営方法を詳しく学びます。

フレイルサポーター申込は

申込期間
平成30年1月15日(月曜日)から同年2月28日(水曜日)まで
※電話でお申込みされる場合は、上記期間の平日午前8時30分から午後5時まで

申込方法
ご自身の氏名、住所、年齢を、下記担当まで、お電話、ファクス、またはEメールでお申込みください。
※メール、ファクスでお申込みの場合は、題名に「フレイルサポーター応募」と明記してください。

申込先
西東京市 健康福祉部 高齢者支援課 在宅療養推進係
〒202-8555 西東京市中町一丁目5番1号(保谷保健福祉総合センター)
電話:042-464-1311(内線:2391)
FAX:042-438-2827
Eメール:f-kourei@city.nishitokyo.lg.jp
この記事を書いた人
鈴木 義晴 スズキ ヨシハル
鈴木 義晴
平成11年2月、勤務していた不動産会社の社長が急病で倒れました。人一倍、健康を気にする社長はスニーカーを履いて徒歩で現場周りをするのが日課、その知らせを聞いたときは耳を疑いました。きっと何かの間違いでは‥と。店長の私は「社長は病気と闘っている。きっと元気になり戻ってくるから、僕たちみんなで会社を守ろう」と社員に思いを伝え、仕事を熟す日々でした。ある時、社長のご親族から『会社を閉めることにするから身の振り方を考えて欲しい』旨の話をいただきました。青天の霹靂、そんなにも体調が悪かったのか、社長に会わせてくださいと懇願しましたが、残念ながらその希望は叶いませんでした。日頃お世話になる方に相談をしました。すると「独立しろ!お前が会社の社長をやるんだ!」、不動産業界の怖さ恐ろしさを知る自分は怯みました。無理だ!俺にはできない‥と話す自分を一蹴、バカヤローと怒鳴られたことを今でも思い出します。それをきっかけに株式会社スプラッシュを設立したのです。スプラッシュは水しぶきという意味です。勢いよく前進しないと水しぶきにはならない~後押しをしてくれる人たちのためにも走るをイメージしての命名です。その後、たくさんの人に恵まれトントン拍子に事業が拡大、兵庫県西宮市に支店を構え建設大臣免許に、1年間の新築分譲住宅の契約数が300件に迫る勢いでした。恥ずかしい話ですが、その頃の私は完全に天狗になっていました。あれほど大好きだったお客さんとの接することを人に任せ、新規販売の企画ばかり、仕事というよりゲーム感覚で数字ばかりを考えて、人の心を思わない、感じない社長になっていました。情けなく、穴があったら入りたい気持ちです。そんな私の大きな転機になったのが東日本大震災です。目を疑う光景、言葉で言い表せない状況、自分自身の無力さを感じたものです。今のままではいけない、失うことを怖がってはいけない、そもそも裸一貫で作り上げたもの、守りに入ってはいけない~プライベートで大きい決断、第二の創業と考え、根本的改革を行うことにしました。人・物・金プラス時間をかけてきました。西河技術経営塾で学び気づき、自分が本来持てる能力を試すとともにチャレンジしようと決心、日々取り組んでいます。それが「モノではなく、コトでもなく、ヒト」~知性・感性・心性で成り立つセンスウエアの具現化です。不動産業を生業とし30年が超えました。ヒトを慮る(おもんばかる)、そのような接し方こそが自分の歩む道と考えています。雲外蒼天、今日も元気に顔晴ります。長々とお読みいただきありがとうございました。
store

会社概要

株式会社スプラッシュ
arrow_upward