AM9:00~PM7:00
毎週水曜日
2019年12月24日
ブログ

新築一戸建てに買い替えをするのですが、今住んでるマンションの抵当権抹消登記について教えてください。

現在お借り入れをしている金融機関への返済と同時に原因証書をもらいます。

この書類に住民票+印鑑証明書+委任状を添付し、司法書士に依頼して所轄の法務局にて抵当権抹消登記申請をします。費用は概ね2万円~3万円程度です。

どちらの住所の住民票ですか?

いまのマンションの住民票ですか?それとも今度買い替えをした新築住宅での住民票ですか?

現在お住まいのマンションの住民票で問題はありません。

念のため、登記上(権利証)の住所とマンションの住所は同じですか?

もしかして今お住まいのマンション購入前の住所になっていませんか?

お住まいの住民票の住所と登記上(権利証)の住所が相違する場合は、住所変更登記が別途必要になります。

抵当権抹消登記と住所変更登記は同時申請できますので問題ありません。その場合の住所変更登記費用は2万円前後となります。

専門家に確認してもらいましょう

不動産登記に係る業務は、国家資格である司法書士の担当領域です。

大切な不動産の権利に係ることなので事前に確認をされることをお薦めいたします。

不動産売買(買い替え)の場合、ご売却する不動産の所有権移転登記、抵当権抹消登記、住所変更登記、ご購入される不動産の保存登記、所有権移転登記、抵当権設定登記など、各種登記業務が重なります。

しっかりと説明を受け、確認するようにしましょう。

この記事を書いた人
鈴木 義晴 スズキ ヨシハル
鈴木 義晴
顔を見せて身分を明らかにし、真っ当なお手伝いをします。しつこい営業はしません、しつこくされるのが嫌いだからです。西東京市には、たくさん良いところがあります。親切でやさしい人がたくさんいらっしゃいます。一人でも多くの人に、その良さを知って欲しい、そして暮らして欲しい。モノよりもコト、コトよりもヒトを大切にする!そんなわたしです。
arrow_upward