AM9:00~PM7:00
毎週水曜日
2020年04月05日
ブログ

路線価による相続財産の否定(2019年8月)

路線価=相続財産の評価基準ではありません!

2019年8月の東京地裁の判決では

相続財産のうちマンションの評価が争われ

路線価による相続税財産評価が否定されました

不動産関連の節税封じが強化されています

路線価は実勢価格の約8割が目安

ゆえに現預金で相続するより不動産のほうが税を減らしやすい

 

2017年の税制改正で

タワーマンションの建物評価に使う

固定資産税の計算方法は変わりました

しかし価格に占める建物比率が高いのが実情です

 

法律では相続税財産の評価

時価による

通達で路線価による評価を定める

国税庁長官の指示で評価は見直せる規定があります

原則「路線価」であれども例外がある!

路線価と大差がある実勢価格~節税目的に要注意を

所有するマンションの実勢価格

路線価に比べ高いから例外規定が適用?

ではなく節税目的か否か!

ここがキーワードとなります

 

例えば現金で購入できるのに高額のローンを利用

相続時に他の資産との相殺を意図するような行為は避けましょう

 

安易な行動は慎むように

餅は餅屋!

経験と実績のある税理士に相談を!

1991年3月バブル崩壊

2008年9月リーマンショック

2011年3月東日本大震災

 

3つの経済危機を経験しました

特にリーマンショック、東日本大震災は

起業して以降の荒波です

 

不動産業に従事して34年

宅地建物取引士として30年

起業して19年が経過します

 

経験と知識でお手伝いします

ご興味のある方はご連絡ください

 

フリーダイヤル

0120020408


“顔晴る”社長の活動日記

この記事を書いた人
鈴木 義晴 スズキ ヨシハル
鈴木 義晴
顔を見せて身分を明らかにし、真っ当なお手伝いをします。しつこい営業はしません、しつこくされるのが嫌いだからです。西東京市には、たくさん良いところがあります。親切でやさしい人がたくさんいらっしゃいます。一人でも多くの人に、その良さを知って欲しい、そして暮らして欲しい。モノよりもコト、コトよりもヒトを大切にする!そんなわたしです。
arrow_upward