AM9:00~PM7:00
毎週水曜日
2017年11月23日
ブログ

Googleと富士そば 既存ビジネスを破壊する~アルバイトにもボーナスを出す


西河塾研究科で学ぶ私の課題は他の業種との比較検討。先日の講義で小平先生からグーグルなどネットビジネスの会社を研究してみれば‥即行動し読んでみました。

グーグル Google 既存のビジネスを破壊する 佐々木俊尚著 文藝春秋


少し古い(平成18年)ですが‥とても興味深い内容でした。アルゴリズム‥既存のビジネスの価値観を破壊していく流れの凄まじさが描かれています。折込広告が消滅、すべての書籍が検索できる時代へ、遠くない将来を予感されます。

革新的なテクノロジーですべてを凌駕していくGoogle


世界に拡がる情報全てを選別、発信、再生していくGoogleの戦略、価値観を変える事例がいくつも紹介されています。羽田空港近くの小さな駐車場、福井にあるメッキ工場などは正しくGoogleがあるからこそ、成功し存在価値を見出しています。情報とは何なのだろうか?~考えさせられます。

著者は、すべてを支配していくネット社会に出現した「巨大な権力」と評しています。そのGoogleも絶対ではなく一部国家権力により歪められていると‥そこにはリアルな壁が存在しているのでしょう。

「富士そば」は、なぜアルバイトにボーナスを出すのか 丹 道夫著 集英社新書


週一回は利用する富士そば。その「富士そば」の創業者・丹道夫さんの一冊ゆえ即買いをすることに‥『う~ん、これは学ぶべき点が多く良書!』ネタバレになってしまうので‥最終章「富士そばでは、なぜ演歌が流れているのか」は泣けてしまう(笑)

コトラーが唱える5A。そこから波及して「自分のビジネスモデルはどうなのだろう?」と研究をしています。「文字にならなければ文化にならない。時代を超えることはできない」と小平先生はお仰られています(納得!)井の中の蛙にならぬよう広い視野でモノ、コトを見るように顔晴ります。
この記事を書いた人
鈴木 義晴 スズキ ヨシハル
鈴木 義晴
顔を見せて身分を明らかにし、真っ当なお手伝いをします。しつこい営業はしません、しつこくされるのが嫌いだからです。西東京市には、たくさん良いところがあります。親切でやさしい人がたくさんいらっしゃいます。一人でも多くの人に、その良さを知って欲しい、そして暮らして欲しい。モノよりもコト、コトよりもヒトを大切にする!そんなわたしです。
arrow_upward