AM9:00~PM7:00
毎週水曜日
2020年02月04日
不動産ブログ

不動産を購入する際に、親御さんから資金の一部を借りる場合の注意点を解説します!

住宅購入の際に資金の一部を親御さんからお金を借りる場合、

借用証書を作り、その返済方法を示す必要があります!

返済の実態が伴わない借入は贈与とみなされ、

贈与税が発生する場合がありますので注意しましょう!

たとえ親子間であっても!


住宅の購入には大きなお金が動きます。

住宅ローンを利用する場合、金融機関に提出する申込書に

購入資金の内訳について、細かく記載する必要があります。

住宅購入後・・・

所轄の税務署からの「お尋ね」に答えなければなりません。

またお金の出入りは誰が見ても分かるよう明確にしておかなければなりません。

特に注意すべきは家族間でのやり取りです。

例え・・・

ご夫婦や親子の間でも、安易なやり取りは贈与とみなされてしまいますので、

注意が必要です。

借入金利は0%はいけません!

親御さんからお金を借りた場合でも、借入金額・金利・返済期間・返済方法など

しっかりと明記した借用証書を作らなければなりません。

金利は・・・

金融機関の金利と照らし合わせ妥当なものにしたほうが良いでしょう!

振込手数料を使ってでも銀行口座へ振込みにしましょう!


借用証書を作成しても形式だけでは駄目です。

返済している実態が伴わなければなりません。

なので口座振込で返済しましょう!

毎月定期的にご子息名義の銀行口座から親御さん名義の口座に

お金が振り込まれていれば、返済の証となります。

親御さんが受取をした利息は、雑所得として申告しましょう!
arrow_upward