AM9:00~PM7:00
毎週水曜日
2019年09月11日
ブログ

住まいの売却~プロはどこを見る?第2章

前回に続いて住まいの売却について解説します。

不動産のプロは、

あなたの住まいのどこを評価しているのか?

査定額より高く売るコツを分かりやすく解説します!

こだわった間取りよりシンプルな間取りが喜ばれる

どんな人でも住めるような間取りがポイント!

広くて部屋がたくさんある大きな住まい良いとは限りません。

夫婦二人で暮らすのであれば、

ちょっと広めのLDKと洋室2つで充分です。

その昔は大きな家が望まれましたが今は違います。

また間取りにこだわった住まいはクセがあると思われ、

意外と人気が下がり安価になる傾向があります。

なるべくシンプルな間取りが中古には向いてます。

ナント言っても水回りで印象は変わります

トイレ、風呂、洗面台に水垢が付いていると、

汚い=不快といったマイナスイメージで売れません!

ガスコンロ周り、

キッチンの換気フード

トイレの便座や便器の内側、

汚かった一発でアウトになります。

また浴室の鏡の水ウロコもマイナスです。

雨漏り・シロアリは必ずチェックする!

雨漏りやシロアリ被害は、

長年住んでいても気づかないことが多いです。

そのまま引き渡してしまうと、

瑕疵担保責任に問われてしまいます。

出来る限りインスペクションを実施し、

建物診断を受けることが望まれます。

 
【瑕疵担保責任】

引き渡しから3か月の間に、

目に見えない欠陥が見つかった場合、

売主に補償金・賠償金を請求できる制度です。

この記事を書いた人
鈴木 義晴 スズキ ヨシハル
鈴木 義晴
西東京市やお隣の練馬区の地域お役立ち情報(イベント情報・暮らしに役立つ情報)や不動産全般に関する情報を毎日発信しています。特にこだわるのは『西東京市をもっと元気に!』~地域で頑張る(顔晴る)人、お店を紹介しています。是非、お引き立てください。
store

会社概要

株式会社スプラッシュ
arrow_upward