AM9:00~PM7:00
毎週水曜日
2019年09月21日
不動産ブログ

今のマンションを買い取り業者に売る場合のメリットとデメリット

マンションを売る場合、一般的な売却の他に

不動産業者に買い取ってもらう「業者買取」

といった方法があります

売却にかかる手間や暇などを大幅に削減できる

方法ですがメリットもデメリットもあります

通常の売却と業者買取とは何が違うのか?

一般的な売却は不動産会社に依頼して

その不動産会社がチラシやインターネット広告で

買主を探すといった方法になります

おおよそ一般個人の買主向けに

不動産会社は売主の売却のお手伝いをすることになります

業者買取の場合は不動産会社が

直接マンションを買い取ってくれます

買い取りをした不動産会社はリフォーム等をし

利益を加えて再販売をします

売却にかかる時間が大幅に削減できる点

ご近所に知られることなく売ることができるなど

スムーズに事が運ぶので楽と感じられるでしょう

業者買取のメリット

1.短期間で現金化が可能です

2.瑕疵担保免責で売ることができます

3.室内が汚れていても現況有姿で売却が可能です


2の瑕疵担保免責とは一般の個人にマンションを売る場合

売主は給排水管や雨漏りになど隠れた場所に対して

一定期間責任を負わなければなりません

もし一定期間内に問題が生じた場合は売主が

修繕費を支払わなければならない場合があります

この責任が業者買取の場合はなくなります

業者買取のデメリット

業者買取のデメリットは・・・

マンションの売る値段が安くなることです!

不動産会社は買取をした後にリフォームを行います

最近はクロスやフローリングといった表層部分だけではなく

キッチンや浴室など住宅設備機器も全て新規交換することが多いです

それらリフォームを行い利益が出る金額で販売をします

一般的には普通に売却した時の70%前後の金額となることが多いです

具体的には3,000万円で売れるマンションであれば2,100万円程度が買取の価格です

 

業者買取はメリットも多いですが

不動産会社は利益を出さなければならないために

普通に売却活動をして買い手が付く物件であっても

通常の売却価格より安くなります


通常売却と業者買取と両方をよく見比べて

判断されることをお薦めいたします!

store

会社概要

株式会社スプラッシュ
arrow_upward