AM9:00~PM7:00
毎週水曜日
2019年05月18日
ブログ

皆さんがよく利用されている不動産売却一括査定サイトの注意点

昔は不動産屋さんに電話や来店で相談していましたが、

今ではインターネットで不動産の査定依頼をするといった方が多いのではないでしょうか?

なかでも不動産売却一括査定サイトを利用されていることと思います。

その一括査定サイトとはどのようなものなのでしょう?

一括査定サイトとは

通常、複数の不動産会社で査定を受けようと思ったら、

各々の不動産会社に連絡をしなければなりませんが、

一括査定サービスを利用することで、

入口となる1つのサイトに情報を入力するだけで、

複数社への依頼が一括でできるのが、このサービスの特徴です。

一番高い査定金額を出した不動産会社が必ずしも良いとは限らない!

不動産売却一括査定サイトを利用し、

不動産会社数社に見積依頼をした場合に注意したいのが、

売却査定金額が一番高い不動産会社が必ずしも良いとは限らないことです。

誰でも高く売れた方が良いと考えるのは当たり前ですが、

取引事例を元に算出された査定価格が大きくずれる事はそうそうありません。

提示された査定金額で必ず売れることを保証していない限り、

査定価格が高いからと言って売れる金額とは限りません!

運がよければいつかは売れる価格?

不動産会社数社に依頼する時のデメリットは、

売却が長期化する可能性が高いことです。

査定依頼を受けた不動産会社は媒介契約取得の為に競い合って高い査定価格を提示します。

こういったケースでは多くの場合で「3ヶ月以内に売れる価格」を超えているのが実情です。

分かり易く例えるのなら「運がよければいつかは売れる価格」

これは3ヶ月以上かかってしまっても、

最終的に価格交渉(値下げ)して販売することも検討してもらう、

「長期戦を視野に入れた査定価格」です。

買い替えなどで期限がある場合だとそのことが制約となり、

結果的に大幅に値引きをして売却するケースも見受けられます。

知っておきたい売却に関する5つの価格

売主が自ら希望する「売却希望価格」

売却相談を受けた不動産会社が物件調査を行い、

取引事例を元に算出する「査定価格」

「売主希望価格」と「査定価格」を総合的に判断し、

実際に販売する価格「売出価格」

購入を検討するお客様が希望する「購入希望価格」

最終的に売主と買主が合意して実際の取引価格となる「成約価格」 


価格の順位としては

売主希望価格>売出価格>成約価格>査定価格>購入希望価格

です。売出価格は売主の希望が強く反映されるので、

査定価格よりも高くなるのが一般的です。

またこれらを踏まえて、売却するかどうか迷っている場合でも、

一括査定サイトを利用すれば、

ある程度の相場観を養うことができるメリットもあります。

store

会社概要

株式会社スプラッシュ
arrow_upward