AM9:00~PM7:00
毎週水曜日
2019年03月02日
ブログ

マンションを売る場合、どのようにすれば“高く”、“早く”売ることができますか?


売却を依頼する不動産会社の営業マンと充分に話し合いをしてください。

1,いつまでに売りたいのか?

2,ご自身としていくらで売りたいのか?

その上で担当から「売主として何をすべきか」を確認してださい。

売主としてやるべきことはコレ!

具体的にお伝えします!

室内の整理整頓

ライフ・インフォメーション作成

ご見学された方に「良い売主さん」となるイメージ作りです。

ライフ・インフォメーション作成にもコツがあります。見学される方が「住むイメージが広がるように具体的な写真や説明」です。どれだけ細かく仕上げられるかで決まるライフ・インフォメーションの作成、お手伝いをいたします。

営業マンに意見を求める

肝心なことは、「何に妥協でき、譲れないことは何か」を明確にすることです。価格なのか、引渡し時期なのか、お考えになることを忌憚なく営業マンに話すこと。また営業マンより希望を叶えるための意見を求めることです。

売主さんと営業マンとのギャップ

売主さんは『不動産会社の営業マンに任せたから、そのうち売れる』と受け止め、営業マンは『嫌われたくないから、今は売主さんには本当のこと言えない‥もう少し時間が経たないと口にできないよ』~これが現実なんです。

営業マンに「?」を感じたら不動産会社を含めて変更!

より高く早く売るには営業マンとのコミュニケーションです。話をする中で「この営業マンには任せられない」と不安に感じたら、他の不動産会社営業マンに変更するのも手立ての1つです。営業マンと話し合いを繰返し、売却プランを練る、納得いく話し合いを繰り返しましょう。高く早く売るヒントが必ず浮かんできます。 


この記事を書いた人
鈴木 義晴 スズキ ヨシハル
鈴木 義晴
顔を見せて身分を明らかにし、真っ当なお手伝いをします。しつこい営業はしません、しつこくされるのが嫌いだからです。西東京市には、たくさん良いところがあります。親切でやさしい人がたくさんいらっしゃいます。一人でも多くの人に、その良さを知って欲しい、そして暮らして欲しい。モノよりもコト、コトよりもヒトを大切にする!そんなわたしです。
store

会社概要

株式会社スプラッシュ
arrow_upward