AM9:00~PM7:00
毎週水曜日
2019年01月30日
ブログ

もう、家さがしに疲れました

無料相談のご予約をいただき、日曜日にお会いしたお客さんは杉並区在住のご夫妻。奥さんは明るくお元気なのですが横で黙っているご主人。そして‥ご主人さんが重い口を開きました。その言葉は‥。

ブログに興味を持たれ相談に来られました

わたしのブログを見て興味を持たれ、

西東京市の不動産市場について聞きたいと来店されました。

 

「12月に‘これだ!と思える家’に出会いました」

「でもローンの打診をしている最中に売れてしまったんです」

「気を取り直して年明けから家さがしを再開したんです」

 

条件をお伺いし「レインズ」検索。

 

何故か?ご主人様の顔がパッとしません。

『ご気分が優れませんか?』と尋ねると、

「主人、家さがしに疲れてしまったんです」

「買えなかった家、主人がものすごく気に入っていたんです」

しょうがいでしょう、売れちゃったんだからと話しているのですが‥。

 

『ご主人さん、家さがしにお疲れになった?』

 
「なんだか前ほど力が入らないんですよね」

「あんな家はもうない気がして‥もういいかな?と」

 
『もう、いいって?』

 
「あ~、妻が気に入る家で良いということです」


『奥さんはそれで良いんですか?』


「わたしは嫌です。だって主人が働いて貯めたお金です」

「それに何年もローンを払っていかないといけないし」

 

『ご主人さん、どうなんですか?』

 

「‥‥‥‥‥」

家を買うことお休みされてはいかがですか?

『一旦、家を買うことをお休みされていかがですか?』

 
家さがしは楽しくなくてはなりません。

どちらかが乗り気でない時は進めるべきではありません。

不動産屋ですが「物件」を勧めるだけが仕事ではありません。

デジタル・デトックスしましょう

家さがしに疲れていませんか?

SUUMOやHOMESが気になって、

暇さえあればスマホで検索されていません?

あんまり根を詰めると体に障りますよ。

こんなようになったらデジタル・デトックス!

しばらくスマホでの家さがしは控えましょう。


家さがしで疲れている人はお電話ください
 
西東京市、西武沿線の家さがし、
疲れてしまったらお電話ください!
ストレスをなくす家さがし法を教えます。

この記事を書いた人
鈴木 義晴 スズキ ヨシハル
鈴木 義晴
西東京市やお隣の練馬区の地域お役立ち情報(イベント情報・暮らしに役立つ情報)や不動産全般に関する情報を毎日発信しています。特にこだわるのは『西東京市をもっと元気に!』~地域で頑張る(顔晴る)人、お店を紹介しています。是非、お引き立てください。
store

会社概要

株式会社スプラッシュ
arrow_upward