AM9:00~PM7:00
毎週水曜日
2018年12月09日
賃貸管理

賃貸住宅の管理費や共益費とは?

賃貸の物件探しにおいてポイントとなるのは家賃です。その家賃に加えて「管理費」や「共益費」といった費用が必要な物件もあります。ではそれらの費用は、いったい何に使われているのでしょうか? 

賃貸住宅の「管理費」や「共益費」とは

管理費と共益費というのは、あまり明確な違いがないことが多いですが、例えば管理費については、管理人さんを雇う費用や設備、その他共用部分の維持及び管理をするための費用。共益費については共用部分の維持、廊下やエレベーター等の電気代、電球が切れた場合の交換代などです。いずれにしても共用部分の維持管理に対する費用に充てられています。
物件の情報サイトなどに管理費や共益費が別途記載されていなくても、家賃に含まれている事になります。
管理費や共益費は家賃の一部であって、別表示にしないといけないという決まりもありません。アパートやマンションに住み家賃を支払っている以上、維持管理のための費用は入居者が分担して支払っていることになります。

管理費と共益費が家賃と別途記載されているのはどうしてでしょうか

「家賃5万円+管理費5000円」と「家賃5万5000円+管理費なし」を比較すると、支払う額に変わりはありませんが、管理費を別表示にした方が、少し安く感じることが多い。また敷金・礼金や契約時の手数料、更新料などが家賃に含まれている物件に比べて少し負担が減ります。それらの費用は、家賃をベースに○か月分等と金額が設定されるためです。

管理費や共益費は具体的にどのようなものに使われているのか

内容については

・共用電気料
・共用水道料
・定期清掃費用
・エレベーター維持費用
・共用灯保守・交換費用
・ケーブルテレビ料金など

毎月数千円から数万円にもなる管理費・共益費。またアパートとは違い、エレベーターがあるマンションの場合は。必然的に共益費が高くなります。
使われ方は物件によってまちまちで、不明瞭な点が多いのも事実です。
用途について不明なことは、不動産会社や管理会社に聞いてみてください。

store

会社概要

株式会社スプラッシュ
arrow_upward