AM9:00~PM7:00
毎週水曜日
2018年10月10日
ブログ

物件選びは人選び~どういうこと?あなたが寄り添える営業担当者ですか?

良い不動産を購入(納得のいく購入)するにはどうすればいいのでしょうか?~たくさんの不動産会社を訪れる、毎日スマホを片手に検索し続ける‥どれも正解のようで正解ではありません。不動産という「物」を選ぶには、信頼のおける「人」を選ぶことが何よりも肝心です。『物よりも人?かえって難しいのでは‥』~ここでは「人」の目安について投稿します。

情報が散乱するネット時代だからこそ

保育や学校など教育情報、医療機関やスーパーなどの地域情報、地歴や浸水履歴などの行政情報‥市役所、大手不動産ポータルサイト、不動産会社からたくさんの情報が毎日発信されています。何が大切な情報であり、どれが役立つ情報なのか?お会いするお客様が「あまりに情報が多すぎてよく分からない」と口にされます。また税金のこと、住宅ローンのこと。建物の保証のことなど。あまりに範囲が広すぎる不動産情報は分かりづらいと仰られます。

見た目も話し方も重要ですが‥何よりも大切なのは

営業担当者によって、仕事への取り組み方やお客様への接し方などが大きく違います。身だしなみがきちんとしていて、お客様への言葉づかいも丁寧であることなどは基本です。大切なのは長く付き合っていく営業担当者、何よりもご自分との相性が大切と思います。 不動産の購入‥不安や疑問が綯い交ぜ、確りとしたナビゲーターが不在では上手く運ぶものさえ上手く運びません。

不動産会社の営業担当者のチェックリスト

一生で一番高い買い物である不動産。その売ったり買ったりする時に付き合う不動産会社の営業担当者、以下に挙げる18の項目に照らし合わせてみてください。全て完璧な人はそうそういませんが、でも、これらを守れる人が基本だと考えます。

専門用語を並べるのではなく、分かりやすい言葉で説明してくれるか

常に理解できているかどうかにも気を配りし丁寧に説明してくれるか

物件のデメリットもきちんと説明してくれるか

他業者が取り扱う物件の話を嫌がることなく聞いてくれるか

競合物件や競合業者をけなすような言動はないか

ペースに引き込もうとする強引な言動はないか

質問したことに対して的確に答えてくれるか、要点がずれていないか

「たぶん」「おそらく」「~かも」といった曖昧な話が多くないか

分からないことはきちんと調べたうえでスピーディに回答してくれるか

基本的な知識、情報や市場動向などについて勉強している様子がみられるか

希望などよく聞いたうえで条件を整理をし適切なアドバイスをしてくれるか

変動金利を使うものと決め付けたような提案をしたりといったことがないか

年収から逆算し借りられる最大金額を薦め住宅ローンを組ませようとしないか

話を途中で遮ったり、一方的に違った考えを示したりしていないか

契約を急がせようとしたり煽ったりするような様子はないか

結論を出さなくても嫌な表情を一切せず、考えることを快く認めてくれるか

約束の時間などはきちんと守られるか

誠実さが感じられ、自分との相性が悪くはないか

この記事を書いた人
鈴木 義晴 スズキ ヨシハル
鈴木 義晴
西東京市やお隣の練馬区の地域お役立ち情報(イベント情報・暮らしに役立つ情報)や不動産全般に関する情報を毎日発信しています。特にこだわるのは『西東京市をもっと元気に!』~地域で頑張る(顔晴る)人、お店を紹介しています。是非、お引き立てください。
store

会社概要

株式会社スプラッシュ
arrow_upward