AM9:00~PM7:00
毎週水曜日
2017年05月09日
ブログ

東伏見稲荷神社

東伏見稲荷神社は、関東地方の稲荷信仰者たちが、東京にも京都の伏見稲荷大神のご分霊をという願いから、京都伏見稲荷大社の協力で、昭和4年に創建されました。それに伴い、上保谷から東伏見と駅名が変わりました。
  • 東伏見稲荷神社は、関東地方の稲荷信仰者たちが、東京にも京都の伏見稲荷大神のご分霊をという願いから、京都伏見稲荷大社の協力で、昭和4年に創建されました。それに伴い上保谷という駅名から東伏見と変わりました。

御祭神は、宇迦御魂大神(うがのみたまのおおかみ)・ 佐田彦大神(さだひこのおおかみ)・ 大宮能売大神(おおみやのめのおおかみ)です。

毎月朔日には、家内安全、商売繁盛を願う人達が多く参拝されています。

本殿裏手にあるお塚の参拝をお薦めします
  • 東伏見稲荷神社本殿裏手にあるお塚

本殿の奥にある「お塚」と言う場所は、夏場でもヒンヤリ~別空間に居る感じがします。たくさんの鳥居が無数に並ぶ中をユックリと歩くと心が穏やかになれます。お詣りをする度に感じるのは袖すり合うも他生の縁、「生きている」のではなく、「生かされている」ということ。不思議なパワー(私にとっては顔晴れビーム)をいただけます。
  • 立ち並ぶ赤い鳥居

この記事を書いた人
鈴木 義晴 スズキ ヨシハル
鈴木 義晴
顔を見せて身分を明らかにし、真っ当なお手伝いをします。しつこい営業はしません、しつこくされるのが嫌いだからです。西東京市には、たくさん良いところがあります。親切でやさしい人がたくさんいらっしゃいます。一人でも多くの人に、その良さを知って欲しい、そして暮らして欲しい。モノよりもコト、コトよりもヒトを大切にする!そんなわたしです。
arrow_upward