AM9:00~PM7:00
毎週水曜日
2018年08月18日
ブログ

本を売るためにカバーを変える!『本所おけら長屋』にみるマーケティング戦略

笑って泣ける畠山健二さん「本所おけら長屋」シリーズ!2013年7月に始まり現在は11巻へと続いています。累計25万部超えるベストセラー、貧乏長屋に住む万造、松吉、八五郎、お里夫婦、お染、島田鉄斎といったユニークなキャラが毎回笑わさたり、泣かせてくる楽しい本です。

本の顔とも言うカバーの下にカバーが‥

最近見かけるパターンにカバーの上にカバーをかける手法です。「未来の年表」でも同様な手法を見かけました。長引く出版不況の中での工夫です。棚に並べられるだけでは読者は手に取りません。いかに平積みにされるか‥そして平積みにされ、手にしてもらえるかが勝負でしょうか(笑)

わたし、カバーの次に見るのが解説、目次、著者の紹介‥でも圧倒的に目からの情報である「カバー」(笑)著者には失礼ですが、本の内容が分からい読者にとっては、もの凄く重要なファクターと感じます。当然、プロの装丁家を使ても‥100%、本の内容を上手く捉えているとは限りません。作家さんの想いを表現する、大変に難しいお仕事だと思います。

ビフォーアフター、比べてみたら一目瞭然

記憶では本書もシリーズを重ねて火がついたように思えます。元のカバーも時代小説好きにはたまりませんが‥やはり?ですよね。人情秘話で持っていくのなら新しいカバーが良いかあと感じます。あと『心から笑い、泣いたことがありますか?」のサブタイトルも(笑)なかなか売れない、売れにくい文庫、売るためにこのような工夫がされています。

本所おけら長屋・ホームページ

この記事を書いた人
鈴木 義晴 スズキ ヨシハル
鈴木 義晴
西東京市やお隣の練馬区の地域お役立ち情報(イベント情報・暮らしに役立つ情報)や不動産全般に関する情報を毎日発信しています。特にこだわるのは『西東京市をもっと元気に!』~地域で頑張る(顔晴る)人、お店を紹介しています。是非、お引き立てください。
store

会社概要

株式会社スプラッシュ
arrow_upward