AM9:00~PM7:00
毎週水曜日
2018年03月24日
ブログ

他にお借入ありますか?

難問の住宅ローン、

その融資取り付けに東奔西走しています(苦笑い)

土地を購入して注文建築を建てる!

借入総額10,000万円の超ビックな住宅ローンです。

お客様にも協力をいただき必要書類をバッチリ準備、

ハウスメーカーの担当者にアドバイスし図面はもとより見積もりも細かく、

「お金を借りるのに‥こんな見積もりじゃ駄目だよ。全部一式では分からないよ。も

っと貸す側の立場に立ってごらん。つまり‥」と嫌になるくらい細かく指導(もはや

不動産会社の領域を超えている)

見積書を書き換えること三回!

鈴木さん、これでどうでしょうか?

メールで送られて来た見積書はわたしが思い描く見積もりとは違うものの、まあ、これ

が限界か?ヨシッこれで提出するぞ!と意気込むことに(笑)

‥‥‥‥‥キリトリ‥‥‥‥‥

より理解していただくために「本体工事」と「追加工事」を明確にしただけのこと~書

き換えであり、今、世間で言われる改ざんではありません。

申請して二時間が勝負!~果報は寝て待て

わたし的の解釈ですが、

住宅ローン事前相談をし二時間以内の金融機関より電話、

これを「不幸の電話」と言っています。

すなわち個人情報に抵触しアウト!

ゆえに提出したその日の電話は‥出たくありません。

1日、2日‥オッ、イケるか‥

時間の経過とともに期待度が増します。

1日、2日‥オッ、イケる!そろそろ回答だ!

ヌカ喜びをたくさん経験しているわたし‥底儚く期待値が急上昇。

物件に関する質疑応答がある場合必ず連絡がくるのが通常です、

今回は事前に物件の特性を説明していたので何もありません。

エッ!減額回答!なにがあった?

金融機関にもよりますが、

通常、審査はオールオアナッシングです。

融資を了とするか否かの二つに一つとなります。

ある金融機関の場合は中間の回答を得ることができます。

担当者曰く‥ご希望金額を減額させていただく方向で宜しいですか?

「返済比率も入っているのに‥減額?まさか他に借入がある?いや、もしかして、つい

最近延滞をしたか‥」と過去の経験をもとに頭の中を事例がグルグル巡ります。

本日の午後にお客様にお会いします!

お客様に中間報告のお電話をしアポを取りました。

さて‥なにが起こったのか?

「住宅ローンを申請すると金融機関は個人情報を確認します。お車、クレジットカー

ド、奨学金など何かお借入ありますか?ある場合は必ず教えてくださいね。事前に借入

があると分かっていれば対処療法はありますから‥くれぐれもご注意してくださいね」

と念押ししたのですが(苦笑い)

arrow_upward