AM9:00~PM7:00
毎週水曜日
2018年02月19日
ブログ

脳卒中や急性心筋梗塞で入院

三菱東京UFJ銀行が、住宅ローン商品において他行との差別化を図るために、ソフト部分を充実させてきました。それは脳卒中、急性心筋梗塞を発病、治療目的で入院した場合の住宅ローン残高の取扱いについてです。

住宅ローン残高が0円に!

脳卒中、急性心筋梗塞で発病、治療目的で入院した場合、住宅ローン残高が0円になります。こちらの商品は従来とは違い、住宅ローン金利に+0.3%の金利上乗せとなります。今までのご負担に約3000円増でご家族の安心度が増す形となります。万が一に備えとしてお考えに加えられてはいかがでしょうか?なお、三菱東京UFJ銀行ではキャーンペーンを実施しており、0.3%の金利上乗せが0.2%の金利上乗せで、こちらの保険に加入できます。
この記事を書いた人
鈴木 義晴 スズキ ヨシハル
鈴木 義晴
顔を見せて身分を明らかにし、真っ当なお手伝いをします。しつこい営業はしません、しつこくされるのが嫌いだからです。西東京市には、たくさん良いところがあります。親切でやさしい人がたくさんいらっしゃいます。一人でも多くの人に、その良さを知って欲しい、そして暮らして欲しい。モノよりもコト、コトよりもヒトを大切にする!そんなわたしです。
store

会社概要

株式会社スプラッシュ
arrow_upward