AM9:00~PM7:00
毎週水曜日
2021年08月03日
ブログ

おうちでできる“3つの運動”をやってみた

外出自粛要請に伴い、外に出る機会が減り、心身の活力低下が心配されます。ここで「おうちでできる3つの運動」をご紹介します。まずは突き上げ運動がからスタート!

突き上げ運動×10回!!
膝を曲げながら両手を上に真っ直ぐ突き上げる。※膝が痛い人は手だけでもOK!

突き上げ運動の次は「つま先立ち運動」20回!

かかとを上げておろす、つま先立ち運動を20回。※バランスを崩さないように壁など手を付きながらでもOK!

もも上げ運動は10回!

膝を胸に近づけるイメージ(シンドイ)※バランスを崩さないように壁に手をついて行ってください

年齢が高い方はフレイル(虚弱)に注意してください

フレイル(虚弱)とは、元気な状態と介護が必要な状態の中間をいいます。年齢を重ねて心身の活力が低下した状態です。「しっかり噛んで、しっかり食べる」、「運動をする」、「社会参加する」の3つをバランスよく行うことが予防につながると言われています。

【こんな状態ですか?】
座っている時間が増えた
通勤や買物など外出が減った
生活リズムが乱れている
人の交流が減った

【解決する法】
こまめに立ち座っている時間を減らす
家事をして体を動かす
ストレッチや筋トレなどをする
散歩などをする

西東京市の暮らしに関する情報を毎日発信しています

西東京市には
たくさん良いところがあります
親切でやさしい人がたくさんいらっしゃいます

一人でも多くの人に
その良さを知って欲しい
そして暮らして欲しい

モノよりもコト
コトよりもヒトを大切にする

西東京市内の
暮らしに役立つ
地域情報やイベント情報
積極的にお届けしています

西東京市を元気にする不動産屋
https://splash-go.jp

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
悩みごと・心配ごと・困りごとを解決します!
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

・西東京市内に相続した家を所有
 今後どのように活用したらいいのか

・入居者が決まらず
 未だに空室の状態がつづいている

・住まいが欲しいのだけど
 住宅ローンに不安があって

・実は離婚を考えていて
 マンションを売りに出すべきか

お話しをお聴かせください
不動産業務に携わり34年の経験
宅地建物取引士として32年の実績
最良の『答え』をご提案します

【鈴木義晴のプロフィール】
頑張るではなく「顔晴る」の意味
フリーダイヤル 0120-02-0408
 
 
 
 
 

この記事を書いた人
鈴木 義晴 スズキ ヨシハル
鈴木 義晴
顔を見せて身分を明らかにし、真っ当なお手伝いをします。しつこい営業はしません、しつこくされるのが嫌いだからです。西東京市には、たくさん良いところがあります。親切でやさしい人がたくさんいらっしゃいます。一人でも多くの人に、その良さを知って欲しい、そして暮らして欲しい。モノよりもコト、コトよりもヒトを大切にする!そんなわたしです。
arrow_upward