AM9:00~PM7:00
毎週水曜日
2021年01月21日
ブログ

コロナに罹って家族の介護に困ったら‥

西東京市では、在宅で高齢者や障害者を介護する方が新型コロナウイルス感染症に感染した場合に、介護を受ける方が安心して生活できるよう、一時的に施設を利用したりヘルパーによる支援を受けたりできるよう、体制を整備します。

在宅要介護者受入体制整備事業チラシ(PDF:540KB)

新型コロナウイルス感染症「在宅要介護者受入体制」

西東京市内に居住し、家族が新型コロナウイルス感染症に感染したことにより、療養のため介護できない
(1)概ね65歳以上の在宅要介護高齢者
(2)在宅要介護障害者

在宅要介護者高齢者について
健康福祉部高齢者支援課
電話:042-420-2811

お住まいの地域を担当する地域包括支援センター
※詳しくはこちらをご覧ください。


在宅要介護障害者について
健康福祉部障害福祉課
電話:042-420-2805
※詳細は、こちらをご覧ください。

西東京市の暮らしに関する情報を毎日発信しています

西東京市には
たくさん良いところがあります
親切でやさしい人がたくさんいらっしゃいます

一人でも多くの人に
その良さを知って欲しい
そして暮らして欲しい

モノよりもコト
コトよりもヒトを大切にする

西東京市内の
暮らしに役立つ
地域情報やイベント情報
積極的にお届けしています

西東京市を元気にする不動産屋
https://splash-go.jp

◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇
悩みごと・心配ごと・困りごとを解決します!
◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇◇

・西東京市内に相続した家を所有
 今後どのように活用したらいいのか

・入居者が決まらず
 未だに空室の状態がつづいている

・住まいが欲しいのだけど
 住宅ローンに不安があって

・実は離婚を考えていて
 マンションを売りに出すべきか

お話しをお聴かせください
不動産業務に携わり34年の経験
宅地建物取引士として32年の実績
最良の『答え』をご提案します

【鈴木義晴のプロフィール】
頑張るではなく「顔晴る」の意味
フリーダイヤル 0120-02-0408

この記事を書いた人
鈴木 義晴 スズキ ヨシハル
鈴木 義晴
顔を見せて身分を明らかにし、真っ当なお手伝いをします。しつこい営業はしません、しつこくされるのが嫌いだからです。西東京市には、たくさん良いところがあります。親切でやさしい人がたくさんいらっしゃいます。一人でも多くの人に、その良さを知って欲しい、そして暮らして欲しい。モノよりもコト、コトよりもヒトを大切にする!そんなわたしです。
arrow_upward