株式会社スプラッシュ
AM9:00~PM7:00
毎週水曜日
2017年01月24日
ブログ

ささえあい訪問サービス~西東京市

西東京市では、少子高齢化時代に向けて、高齢者が地域の中で安心して暮らせるよう、地域の住民(ささえあい協力員)、事業所(ささえあい協力団体)、民生委員や地域包括支援センターおよび市(高齢者支援課)が相互に連携し合う仕組みとして「ささえあいネットワーク」をつくりました。この「ささえあいネットワーク」によって、緊急を要する場合の早期発見、連絡、対応をスムーズに行ったり、高齢者や介護者および家族が持つ困り事や相談に応じたり、あるいは閉じこもりがちな高齢者や要介護状態に陥りそうな高齢者などが必要な支援やサービスが受けられることを目指しています。 ささえあい訪問協力員養成研修を受講した地域のボランティア(ささえあい訪問協力員)が、お宅を訪問して玄関でお話しをうかがったり、郵便受けや照明の点灯などの状況を確認して、安否の確認を行います。

対象

市内在住の、おおむね65歳以上の方で、親族、近所、友人からの見守りが少なく、普段の生活に不安がある方。
※希望される方は、西東京市地域サポート「りんく」(西東京市田無町五丁目5番12号 田無総合福祉センター4階、電話:042-497-4163)または高齢者支援課までご連絡ください。

内容(無料)

(1)月1回の玄関までの訪問
(2)週1回の外からの生活状況についての確認

サービス期間

サービス開始から1年間です。利用者からの申し出がない場合は、自動的に1年延長します。

サービス利用開始までの流れ

(1)西東京市地域サポート「りんく」または高齢者支援課に連絡。
(2)西東京市地域サポート「りんく」が希望する動機や希望のサービスを確認。
(3)申請書類を西東京市地域サポート「りんく」または高齢者支援課に提出。
(4)担当するささえあい訪問協力員の調整・決定。
※活動可能なささえあい訪問協力員がいない場合は、ご利用いただけないことがあります。
(5)サービス利用希望者・ささえあい訪問協力員・西東京市地域サポート「りんく」の三者で顔合わせをし、サービス内容を決定後、サービスを開始。

ささえあい訪問サービスの約束ごと

・本人または家族の了解を得て行います。
・ささえあい訪問協力員が行います。
・政治、宗教、販売行為を禁止しています。
・協力員をはじめ関係者は、この活動で知り得た皆さんの秘密を守ります。
・協力員は、地域の民生委員・西東京市地域サポート「りんく」・地域包括支援センター・市・社会福祉協議会等と連携を図り、各関係機関と協力して支援を行います。

ささえあい訪問協力員募集

ささえあい訪問協力員として活動いただける方は、高齢者支援課または西東京市地域サポート「りんく」までお問い合わせください。ご近所同士の付き合いとして高齢者もささえあい訪問協力員もお互いにささえあう関係を築いていきましょう。

ささえあい訪問サービスチラシ

 

この記事を書いた人
鈴木 義晴 スズキ ヨシハル
鈴木 義晴
顔を見せて身分を明らかにし、真っ当なお手伝いをします。しつこい営業はしません、しつこくされるのが嫌いだからです。西東京市には、たくさん良いところがあります。親切でやさしい人がたくさんいらっしゃいます。一人でも多くの人に、その良さを知って欲しい、そして暮らして欲しい。モノよりもコト、コトよりもヒトを大切にする!そんなわたしです。
arrow_upward