AM9:00~PM7:00
毎週水曜日
2017年12月07日
ブログ

湯を沸かすほどの熱い愛 中野量太著 文春文庫


火曜日の晩にブックオフ(代々木)で200円で買った本!思わずいっき読みです。

「本を読んで泣きたい」~泣ける一冊です

ブックオフを入って目に止まったのが「湯を沸かすほどの熱い愛」。そう言えば最近はビジネス書ばかり読んでいて、全く小説読んでいないなあ~。たまにはいいか!とばかり手にすることに。パラパラと読み「あ~泣ける!ラストが想像できる!」、2016年に宮沢りえ主演で映画公開された原作です。

映画『湯を沸かすほどの熱い愛』オフィシャルサイトはこちらをクリック

最近は見かけなくなった銭湯の煙突

下町の三ノ輪で育ったわたしには銭湯は馴染み深い場所。さくら湯、あんこ湯、正庭湯‥家から通える銭湯が5ヶ所もありました。中学2年生になるまで銭湯通いをしていました。その後、秋川高校に入学したのですが‥ここがまた銭湯のような大きなお風呂!余談ですが、秋川高校のお風呂では割れたタイルで足を切り、とんでもないことになりました(苦笑い)

家族みんなで食べるご飯「いただきます!」

この際、あらすじを語ることはしません!「エッ、こんな事あり得ない!」なんて思うのも野暮というものです。子供がいるから親は頑張れる、親がいるから子供は頑張れるんです。想像していたようにラストは泣いてしまいました。一昨年、他界した六つ上のお姉ちゃんの姿が重なり‥号泣です。
この記事を書いた人
鈴木 義晴 スズキ ヨシハル
鈴木 義晴
顔を見せて身分を明らかにし、真っ当なお手伝いをします。しつこい営業はしません、しつこくされるのが嫌いだからです。西東京市には、たくさん良いところがあります。親切でやさしい人がたくさんいらっしゃいます。一人でも多くの人に、その良さを知って欲しい、そして暮らして欲しい。モノよりもコト、コトよりもヒトを大切にする!そんなわたしです。
arrow_upward