AM9:00~PM7:00
毎週水曜日
2019年11月01日
ブログ

西東京市泉町2丁目の物件調査に行ってきた

10月31日(金)、

来春に販売活動をする、

西東京市泉町2丁目の不動産の、

物件調査に行ってきた。

公設管の埋設状況は?他人の敷地を経由していないか?自分の敷地内に他人の私設管などが埋設されていないか?

水道管の埋設状況は
東京都水道局東久留米サービスステーション
東久留米市滝山六丁目1番1号


下水道管の埋設状況は
西東京市役所下水道課
西東京市中町一丁目5番1号保谷庁舎5階


ガス管の埋設状況は
東京ガスのガス本管埋設状況確認サービス
※ネットで申請


何を確認するのか?
・前面道路内に何ミリの本管あるのか?
・宅内の引き込みは何ミリなのか?
・他人の敷地を経由していないか?
・第三者の私設管が埋設されていないか?

前面道路は公道?認定幅員は何メートル?

とっても大事な道路!

建築基準法上の道路の扱いになのか、

単に形態としての道路で認定されていないのか?

これ月とスッポン!

認定幅員のチェックとともに、

道路台帳の写しを必ず取ります。

【重要】ハザードマップで浸水の有無を確認!念のため危機管理室にて浸水履歴の調査も!

そして大切なのは

ハザードマップの確認です。

マップ上の確認は当たり前!

危機管理室にて過去の浸水履歴を確認します。

過去に床下、床上を含めた浸水があったのか?


【ポイント】

ここで言う浸水履歴は、

あくまでも通報等があり市役所が確認したもの。

つまり通報がなく確認していない場合は履歴にはない!

このようになります!!

ちなみに今回の物件、

台風15号、19号ともに、

浸水した履歴はありませんでした。

これ、物件調査のほんの一部!これ以外にも当たり前のように調査することたくさんあります!

既に権利関係などの調査は完了。


【権利関係って何】

・所有者の名義人は?
・抵当権等の借入はあるのか?
・他に?と感じる設定登記はあるのか?


今日の調査は、

建物を建築する場合の調査です。


【築30年超ゆえ解体の見積り】

使用できるといえば使用可能。

でも販路を考えると土地売りの可能性もあり。

となると‥解体に関する費用は?

解体業者さんから既に見積りを取り寄せています。

境界石があるのか?ないのか?~確定測量へ

現地を確認、

法務局の資料、

市役所の道路台帳。

一部のポイントで境界石が未確認。

法務局に保管されている測量図も、

昭和50年代のものしかありません。

後々のこと考えれば確定測量、

お隣さんとのトラブルを回避するためにも

測量会社に依頼することが懸命と判断することに。

売り出す価格を決めるには丁寧な調査。所有者より物件を好きになり、分からない知らないを無くすこと

売り出す前の鉄則!

当たり前のことですが、

それは物件調査です。


この調査では、

自分が知らないこと、

?と感じるような分からないこと、

これらを無くすことです。


何度も現地に行き、

いろいろと現地を見てみる。

そして、

所有者さんにも、

負けず劣らず「好き」になること。


このように考えています。


出来てきました!

うん、何が?



売るイメージ!!

これより具現化作業です。
この記事を書いた人
鈴木 義晴 スズキ ヨシハル
鈴木 義晴
西東京市やお隣の練馬区の地域お役立ち情報(イベント情報・暮らしに役立つ情報)や不動産全般に関する情報を毎日発信しています。特にこだわるのは『西東京市をもっと元気に!』~地域で頑張る(顔晴る)人、お店を紹介しています。是非、お引き立てください。
store

会社概要

株式会社スプラッシュ
arrow_upward