AM9:00~PM7:00
毎週水曜日
2019年10月11日
ブログ

西東京市に時間最大雨量114ミリメートルが降ったら‥浸水する場所はココ!

西東京市をはじめ

都市部の下水道の多くは

1時間の雨量が

50ミリメートルを基準に

計画されています


しかし

東京では

91ミリメートルを記録したことがあります

想定を超える大雨が降れば

大きな被害が発生することが予想されます

平成12年9月の東海豪雨では7万戸が浸水

都市部では地表面が

コンクリートなどにおおわれており

大半の雨水は地下に浸透しにくい状況です


大量の雨水が

下水道や河川に集中して流れ込みます

そして許容量をオーバーした雨水が

市街地に洪水を引き起こすことになります


以前では想像できない

都市型災害を引き起こす可能性があります

西東京市のハザードマップ(浸水予想区域図)

ハザードマップ(浸水予想区域図)は、

東京都作成の「石神井川及び白子川流域浸水予想区域図

(平成15年5月公表)」を西東京市に関してまとめたもので、

平成12年9月に発生した東海豪雨

(総雨量589ミリメートル、時間最大雨量114ミリメートル)が

「西東京市域」に降った場合を想定しています。


マップでは、
予想される浸水の区域と水深を示していますが、
浸水の予想される区域やその程度は、
雨の降り方や土地の形態の変化、
河川や下水道の整備状況などにより変化することがあります。


※詳しい内容についてはPDFファイルでご覧いただけます。


浸水予想区域図(PDF:2,871KB)

平成12年9月に発生した東海豪雨が
「西東京市域」に降った場合を想定したシミュレーションにより、
予想浸水区域と浸水深を示しています。

側溝の掃除、段差解消スロープを撤去して!

戸建てにお住まいの方、

お住まいの前の側溝の掃除をして下さい。

駐車スペース部分に

段差解消スロープを設置されて場合は

敷地内に取り込んで下さい。


強風が要されます

シャッターの施錠

アコーディオン式門扉の施錠

忘れないようにして下さい!

store

会社概要

株式会社スプラッシュ
arrow_upward