AM9:00~PM7:00
毎週水曜日
2021年07月19日
ブログ

住まいだけでなく暮らしをご紹介します

一般の方のイメージ
不動産屋は決して良くない(苦笑)
特に街場の不動産屋は敷居が高く感じ
なかでも売買担当者は嫌われる?

知り合いがマンションを買った!
空前の低金利と聞き買うんだったら今?

コロナの影響でリモートワーク
手狭なので今の住まいから戸建てに買い替え

スマホで手軽に情報収集
写真や動画でサクサクと入手できます
以前と比べ格段に便利です

でも‥そこで感じるのは

難しい言葉でよくわからない!
情報がたくさんある割にイマイチ?
なんか‥これ、信用できるの?
戸惑う方が多いのが実情です

モノでもなく、コトでもなく、ヒトです

この仕事に関わり
今年で35年になりますが
最近の不動産会社の営業マンの質
情けないほどのレベルの低下に呆れます

「こんなこと知らないの」
「その言い方や態度をするの」

人として疑問を感じます

他の業種を比較した場合
サービス精神に欠けているし
ホスピタリティは全く期待できない
あまりにお粗末な対応…情けなくなります

大手になるほどお客さん目線で考えない

なぜ営業マンの質が
低下しているのでしょうか?

そのひとつに大手不動産会社の寡占化
わかりやすく言えばサラリーマン化が挙げられます

住まいの購入を考える人が
何を求めているのかを創造せず
物件情報が全てとばかりに考えて
物件情報を提供するだけのが仕事だと‥

愛を全く感じません!

自分たちがやっている事が
正しく当たり前と思っていって
想定外の事が起きると慌てるばかり

お客さんといった目線で
物を見たり考えたりしません
「より良くするには」といった想像力がなく
そこにあるのは自社の利益のみ

利益を追求することを否定しません
サービスを提供する理由ですから当然です
でも呆れるほどド素人です

愛を持たなければAIにとって変わる世の中

サービス業で
最も大切なことは愛です

wisdom(知る)
experience(経験)

どのような交渉をすれば
有利に購入ができるのか?

どうすればメガバンクから
より低金利な借入を受けられるか?

アフター対応において
現場監督や職人さん達が
どのようにすれば動いてくれるのか?

知恵と経験がなければ通用しません

照れずに言います!
愛を持って人と接しなければ
物事は1ミリたりとも動きません

私は長年の経験から心得ています

不動産を紹介することは街を紹介すること

わたしは人としての
接し方を大切にしています

売主・買主双方が
ウインウインとなる関係を築き
安心安全の取引の道標を示す

それが本当の不動産のプロと考えます


追伸:1

あなたが不動産で悩んでいることを教えてください

不動産業界35年で得た知識と経験でお答えします!!

追伸:2

家を買うのに損したくない!

どの情報を信じていいのか分からない!

家を買うことへの心配・不安・悩み‥

ご相談にのります。

こちらからお申し込みください。

↓↓↓

https://splash-go.jp/inquiry?inquiry_id=7&inquiry_type=content

【鈴木義晴のプロフィール】
頑張るではなく「顔晴る」の意味

この記事を書いた人
鈴木 義晴 スズキ ヨシハル
鈴木 義晴
顔を見せて身分を明らかにし、真っ当なお手伝いをします。しつこい営業はしません、しつこくされるのが嫌いだからです。西東京市には、たくさん良いところがあります。親切でやさしい人がたくさんいらっしゃいます。一人でも多くの人に、その良さを知って欲しい、そして暮らして欲しい。モノよりもコト、コトよりもヒトを大切にする!そんなわたしです。
arrow_upward