AM9:00~PM7:00
毎週水曜日
2017年10月31日
ブログ

練馬区では来年4月からの第21期緑化協力員の募集します!

緑化協力員は「練馬区みどりを愛し守りはぐくむ条例」に基づき、区長が委嘱します。
昭和53年に制度が発足しました。

緑化協力員について

緑化協力員の活動は、『みどりについて学び、みどりを育て、その大切さを広めること』とされています。区民と区が協力し、より多くのみどりを守り、育み、理解を広めるために、緑化協力員の活動が重要となっています。

緑化協力員の活動場所

緑化協力員は、区内をA・B・C・Dの4つのブロックに分け、地域に根ざし、みどりを増やしたり守る活動をしています。活動の場は、区有地では区立公園や区立緑地、そして民有地の憩いの森などです。中でも、憩いの森や一部の緑地は、昔ながらの雑木林など樹林地の植生を保全しているもので、そこでは主に樹林や野草の保護等を行います。
近年、緑化協力員が行なっている主な活動を紹介します!

野草の保護 野草を守るために柵や看板を作ったり、除草をしたりします。
【主な活動場所】
・羽根木憩いの森(羽沢3丁目2番)
・たかまつ憩いの森(高松2丁目26番)…ショウブやヒガンバナが咲きます。
・南田中憩いの森(南田中5丁目14番)
・西本村憩いの森(大泉学園町2丁目23番)…ウラシマソウの保護をしています。
花壇作り 公園利用者が四季折々の草花を楽しめるように各ブロックで工夫をしながら行っています。
【主な活動場所】
・シダ公園(桜台5丁目22番19号)
・豊玉さくら公園(豊玉中3丁目18番1号)
・学田公園(豊玉南3丁目32番27号)
・夏の雲公園(光が丘3丁目4番1号)
・中ノ宮竹林公園(春日町6丁目13番28号)
・長光寺橋公園(石神井町1丁目1番58号)
・学園原っぱ公園(大泉学園町2丁目27番24号)

樹名板付け:公園や憩いの森の樹木の名前を調査して、その名前を書いた名札をつけます。
小学校等との協働作業:小学校、養護学校、福祉作業所の皆さんと一緒に緑化の活動を進めています。
自然観察会:ブロック毎に計画を立て、区内や区外へ出かけて、観察をします。   
植樹活動:区民のお宅へ伺い、自分達で育てた樹木を植えつけています。
区行事への参加:展示や自然の素材を使った小物作りを行い、毎年人気です。
緑化啓発誌『みどりのてびき』の発行 緑化協力員が日々の活動で得た知識やみどりの魅力について執筆し、一般の方向けに発行します。

募集要項・申込み方法について

募集要項

1 対象(次の(1)~(3)のすべてに当てはまる方)
(1)区内在住で、平日の午前中の活動に概ね参加できる方
(2)自転車を運転できる方
(3)緑化協力員の経験がない方
2 定員
100名
3 任期
平成30年4月~平成32年3月末日
4 謝礼
一人あたり月額1,000円程度 ※活動の参加状況によって変わります。
5 保険への加入
区が負担し、ボランティア保険に加入します。

申込方法

郵送または電子メールで、
 (1) 緑化協力員になるにあたっての抱負(200字程度)
 (2) 住所
 (3) 氏名(ふりがな)
 (4) 年齢
 (5) 性別
 (6) 電話番号
 (7) 平日に活動できる日数

をメール本文にご記入の上、平成29年12月15日(金)まで(必着)に下記送付先までご応募ください。

送付先
≪郵送≫
〒176-8501
練馬区役所内みどり協働係
≪メール≫
midorisuisin04@city.nerima.tokyo.jp

説明会を実施します・活動見学ができます!!

第21期緑化協力員の募集の詳細はコチラをクリック

 

この記事を書いた人
鈴木 義晴 スズキ ヨシハル
鈴木 義晴
顔を見せて身分を明らかにし、真っ当なお手伝いをします。しつこい営業はしません、しつこくされるのが嫌いだからです。西東京市には、たくさん良いところがあります。親切でやさしい人がたくさんいらっしゃいます。一人でも多くの人に、その良さを知って欲しい、そして暮らして欲しい。モノよりもコト、コトよりもヒトを大切にする!そんなわたしです。
arrow_upward