AM9:00~PM7:00
毎週水曜日
2019年06月08日
ブログ

飼い主のいない猫を減らすためのお願い

現在東京都内では、

年間約6千匹の仔猫が引き取られていますが、

残念ながらその多くが致死処分となっています。

「猫が庭に入ってふん・尿をして困る」

などの苦情・相談が増えています。
 
こうした現状を少しでも改善するため

「飼い主のいない猫」を減らす必要があります。

屋外の猫の寿命は4年といわれています。

飼い主の方、

飼い主のいない猫に餌を与えている方の

マナーが向上すれば、

不幸な猫はいなくなるはずです。

にしねこの想い

にしねこの想いは、

将来的には飼い主のいない猫を減らすことです。

「飼い主のいない猫」を

TNRやエサやりなどにより「地域猫」として管理し、

地域環境の中で

出来るだけ快適に長生きできるようにする活動です。

TARをご存知ですか?

TNRとは‥

Trap:捕獲して

Neuter:不妊手術をし

Retnrn:元の場所に戻す

1)飼い主のいない猫を増やさないために、不妊去勢手術をする。
地域のボランティアさん達は、手術を受けた猫を地域に戻すほか、新しい飼い主さんを見つけて譲渡するという活動も行っています。

2)耳をV字カットして手術済だとひと目でわかるようにする。
不妊去勢手術後の猫には耳先に小さくVカットを入れて手術済みであることがわかるようにします。何度も捕まって怖い思いやストレスにならないために。

3)置き餌はしない。トイレ設置、フン・尿の始末をする。
置きエサはトラブルの元!エサは決まった時間に与えて片付けます。トイレの掃除も責任をもって行います。

飼い主のいない猫に餌をあげているあなた

「飼うつもりがないのだけれど、かわいそうだから…。」と餌をあげてしまうとその地域に居ついてしまい、1年間に2から3回出産し、あっというまに増えてしまいます。また周辺の人たちにも迷惑がかかります。自宅から遠くの場所で餌をやっている方も居ますが、地元の方々が大変な迷惑をこうむっている例が多々有ります。無責任な餌やりは絶対にやめましょう。

猫の里親になりませんか?

「西東京地域猫の会」という市内のボランティア団体では、市内で保護した飼い主のいない猫等の里親を募集しています。

西東京地域猫の会 里親募集(外部リンク)

不動産を負動産にしない

西東京市の空き家活用のことなら

東伏見駅北口 徒歩2分

不動産売買・賃貸管理のおうちナビ

フリーダイヤル

0120-02-0408

arrow_upward