Tel: 042-451-5111
AM9:00~PM7:00
毎週水曜日
2017年07月17日
ブログ

お住いの買い替えは担保割れに要注意してください


住宅ローンを返済中にマイホームを売却して、新たに別の住宅を購入するときには、現在住んでいるマイホームにどのくらいの担保価値があうのかがとても重要です。

住宅の値下がりで担保割れの可能性も‥


現在住んでいる家を売却して、新たに家を購入することを買い替えといいます。買い替える時には、今の家を売るのが先か、次の家を買うのが先か迷うところです。資金計画の面から考えると、売りを先に考えた方が安心です。買い替えを意識したら、早い段階で今住んでいる家の査定を不動産仲介業者に依頼しましょう。査定だけなら無料です。物件価格が大幅に値下がりして、売却額より住宅ローンの残債が大きくなる「担保割れ」をおこしていたら、家を売っただけではローンを完済できないことになります。その場合は、売却額で不足する分を預貯金などで補完して、住宅ローンを返済します。

買い替えローンがあります!


もしも担保割れをおこしている時に、差額分の預貯金がなければ、売るに売れない状況になるかもしれません。そのような時には「買い替えローン」をお薦めします。買い替えローンは、現在返済中のローンを完済するための資金と、これから買う家の購入資金を合わせて融資してくれる住宅ローンです。買い替えローンは、返済中のローンを完済するための費用も上乗せされているため、買い替え先の物件価格以上の資金を借りることができます。審査基準などの審査が通常の住宅ローンより厳しくなる傾向がありますのでご注意ください。
この記事を書いた人
おうちナビ
おうちナビ
当社は小さな不動産会社ですが、地域貢献NO.1の不動産店を目指しています。西東京市をもっと元気にするために、市内で活躍するお店や人を積極的に紹介、住まうをイメージしていただくためのお役立ち情報や地域情報を毎日配信しています。物件のこと、住宅ローンのこと、不動産のことで気になった事は何でもお気軽にご相談ください!
store

会社概要

株式会社スプラッシュ
arrow_upward