AM9:00~PM7:00
毎週水曜日
2022年01月07日
ブログ

あなたが亡くなると「相続」が発生します

あなたが亡くなると「相続」が発生します!
自分には関係ない?いいえ、そのことがキッカケで、トラブルになり面倒になることがあります。残された親族のためにも、心も身体も健康なうちに準備しておきましょう。

知らないと「相続」が『争続』になる?

相続の持つイメージって資産がある人の話と思われていませんか?
実は誰でも直面する問題です!預貯金+不動産+家財一式が相続財産になります。そして相続財産をどのように分けるか?家族や親族間でトラブルとなり『争続』に発展するのです。実は1000万円以下の遺産額のケースでの『争続』が30%を超えているのです。今からでも遅くありません、準備しましょう。

ご自身の財産の全点検から始めましょう

相続は次の世代への引き継ぐことです
争うことなく次世代に引き継ぐにはどうしたらいいでしょうか?真っ先に取り組むのは、ご自身の財産の全点検です。預貯金がいくらあり、どこの銀行のどの支店にいくらあるのか、不動産はどこにあるのか、契約書・権利証や通帳などの保管場所を分かりやすく纏めておきましょう。

あなたに万が一があった場合、相続人となる人(配偶者や子どもたち)に「預貯金はどこに預けてあるのか」、「いろいろな契約書はどこに保管しているのか」分かるようにしてあげてください。

ムダな保険の整理、コスパにあった見直しが必要です

個人の保険契約を家族が確認できる「生命保険契約紹介制度」もありますが、「どのような保険に加入しているのか?」、「問い合わせ先はどこなのか?」ちゃんと書類を纏めておいてください。

そして契約者、被保険者、受取人の確認を怠らないようにしてください。全ての受取人が配偶者でいいのだろうか?次の世代への相続を考えて、一部は子どもたちになるようにお考えなられてください。

「認知症になったら‥」遺産と遺産分割協議書

できれば話し合いで決めて欲しい!
誰に、どのように分けるのか~お互いの感情や気持ちも大切なので、話し合いで決まるのがベストです。

もし認知症になったらどうする?
認知症になったり、病で死期が迫ったり、そのようなことも想定し元気なうちに、親族と共有してください。

自ら言い出せない!
一般的には、配偶者や子どもが相続人なりますが、自分たちの口から言い出すことは難しいのが現実です。財産を持っている本人であるあなたから提案できたらベターです。

法的に要件を満たした「遺言書」を作りましょう

遺言書が準備されていない場合、預貯金・土地や建物の所有などを親族間で協議することになります。合意した内容を遺産分割協議書にまとめ、全員の押印が必要になります。全員一致が原則、一人でも反対する人がいたら遺産分割協議書は成立しません。

離婚、再婚。前妻または前夫との子ども‥家族が複雑化しています。またお子さんが先に亡くなる場合もあるので、叔父叔母と子が当事者として協議する場合も見受けられます。

不要なトラブルを回避するためにも弁護士や司法書士の下で法的な要件を満たした遺言書を作成することをおすすめします。

西東京市の不動産売買専門店 スプラッシュ

自分には関係ないではなく、あなたの身に起きても何ら不思議なことではありません。残されるご家族をトラブルに巻き込まないためにも「心も身体も健康なうち」に手を付けなければなりません。何を、どのように、どこから手を付けたらいいのか分からない‥多くの人が口を揃えて言います。わたしが相続の初歩的なことから詳しくご説明します。そして安心と安全な手続きと流れについて解説をします。まだ早い、いずれやる‥ではなく気になりだしたら先ずは第一歩。わたしにご相談ください。

フリーダイヤル 0120020408


しつこい営業はしません、
しつこくされるのが大嫌いだからです!

3つのつ

つながる
つたえる
つづける

モノよりもコト
コトよりもヒトを大切にする

西東京市内の
暮らしに役立つ
地域情報やイベント情報
積極的にお届けしています

【J:COMに出演しました】
たまろくと人図鑑 第207回 鈴木義晴さん(2/1放送)
https://www.youtube.com/watch?v=xzILTmouSdA&t=7s

西東京市をもっと元気に!
頑張るではなく“顔晴る”鈴木義晴のプロフィール

この記事を書いた人
鈴木 義晴 スズキ ヨシハル
鈴木 義晴
顔を見せて身分を明らかにし、真っ当なお手伝いをします。しつこい営業はしません、しつこくされるのが嫌いだからです。西東京市には、たくさん良いところがあります。親切でやさしい人がたくさんいらっしゃいます。一人でも多くの人に、その良さを知って欲しい、そして暮らして欲しい。モノよりもコト、コトよりもヒトを大切にする!そんなわたしです。
arrow_upward