AM9:00~PM7:00
毎週水曜日

これだけは知っておきたい住まいを買うときのポイント

そろそろ住まいを買いたいけど、物件の探し方、頭金や住宅ローンなどお金のことを考えると、精神的な不安もあるかと思います。

ここでは、不動産購入について正しい決断をしていただくために、住まいを買う際に必要なことを詳しく解説します。

住宅ローンは無理をせずに自分が支払える範囲で!

今現在、低金利ゆえ意外に多くの金額を借りることができます。

以前は自己資金20%ないとローンは組めないなど
と言われましたが、今は物件価格100%、また取得にかかる諸費用(物件価格の約10%程)まで借りられる場合もあります。

お金を貸したい銀行の立場で判断せず、ご自身が月々返済できる金額で計画しましょう。

想定外の支出や収入の変化にも対応できるように、少し余裕を持っておくと良いでしょう。

今住んでるの家賃との比較

お支払いの家賃が10万円だとすると、その負担は生活する上でどうですか?

少し低いほうがいいですか?

それともいくらぐらいプラスしても大丈夫ですか?

今の生活スタイルを変えずに無理なく支払うことが出来る範囲にしましょう。

住まいを取得するための諸費用

お住いに関わる諸費用は物件価格の概ね8%くらいです。

登記料、火災保険料、保証料、仲介手数料など住まいを買うには税金や手続きにかかる諸費用が発生します。

いくら自己資金を準備するかで変わりますが、一般的には物件価格の8%前後と言われます。また実際に住むためには家具、家電、インテリアといった物を新しく買い揃えることもあるでしょう。

1つ1つは大きな金額でなくても、まとまると結構な金額になる場合もあります。

初めから大盤振る舞いをせず、少しづつグレードアップされてみてはいかがでしょうか?

月々のランニングコストも忘れずに!

住まいを買うと固定資産税・都市計画税といった税金が発生します。

おおよそ年間10万円~20万円程度は見込んでください。またマンションであれば管理費や修繕積立金も月々負担するようになります。

この管理費や修繕積立金は、築年数の経過とともに値上げされることも認識しておいてください。

新たにクレジットカードは作らない!

家を買うに際して、家具や家電を揃えたいと思うのは当然の心理。

これらは快適な暮らしをするために必要ですが、少しだけ時期を待ってください。住宅ローンを利用する場合、事前承認、本承認、金銭消費貸借契約、融資実行と手続きが進みます。

これらが完了するまで誘惑に負けないようにしてください。

新しくクレジットカードを作る、また利用する等、これらが返済比率といったローン審査に影響する場合があるからです。

また「使っていないカードを解約する」等は住宅ローン審査を通すために意図したと捉えられないので、急いで解約する必要はありません

ご自身でも調べましょう!

低金利時代とはいえ35年もの借入、金利が少し違うだけでも大きなものになります。

例え同じ金利でも保証料その他で受けられるサービスが変わります。

ご自身でも出来るだけローンについて勉強し、どこの金融機関の住宅ローンだと金利が安く、その他条件が良いのか調べてみてください。

近隣にマンションの建設計画や施設等の建設計画はないかの確認をしましょう

買われる家の周りが今後どのように変わっていくのか注目してください。

近隣に大規模なマンション計画などはありませんか?

計画道路がありませんか?

その他環境が大きく変わる計画は?

家は住まいですが生活は住まう、そのような視点でもじっくりと見てください。

あなたは住まいのオーナーです!

自然災害などは保険でカバーすることができますが、建物本体や住宅設備機器は時間とともに劣化していきます。

これを少しでも遅らせ良好な状態を維持させるのが、定期的なメンテナンスです。

家を買われたあなたはオーナーです!

将来の修理などは基本的にオーナーが対応しなければなりません。

arrow_upward