AM9:00~PM7:00
毎週水曜日
2020年09月09日
ブログ

家を売るなら『断捨離』しましょう

家を売ることをお考えの方、
残置物という言葉をご存知ですか?

お引渡しまでに、
室内や室外など物が、
なにも無い状態にしなければなりません。

使わない家具、
不要になった電化製品、
生活用品など無い状態にする必要があります。

約4分の動画をご覧ください!

使わない物は捨てればいいのか?

ちょっと待って下さい!

使わない=処分する、
それはそれでいいのですか、
もったいない!

買った物、
想い出のある物、
あなたが不要と感じる物でも‥
それを必要とする人もいます。

エコプラザ西東京のリユース掲示板!

エコプラザ西東京では、

市民の皆さまからの

「譲りたいもの」「譲ってほしいもの」の情報を

「リユース掲示板」に掲示し、

不用品を譲り合う

リユース(再利用)活動を推進しています。

新しいけど使う予定がない物、

子どもが成長して使わなくなった物などの不用品や、

譲ってほしい物がありましたら、

是非この掲示板をご活用いただき、

地球環境にやさしいまちづくりにご協力ください!


エコプラザ西東京(外部リンク)


お問い合わせ・お申込み受付
エコプラザ西東京(プラザ棟2受付)

〒202-0011
西東京市泉町3-12-35
電話:042-421-8585
(午前9時から午後5時)

FAX:042-421-8586(24時間)

Eメール
ecoplaza@city.nishitokyo.lg.jp (24時間)

売却するなら地元の不動産会社を1社加えてみてはいかがですか?

ご自宅の戸建住宅やマンションを売る時に依頼する不動産会社は、三井のリハウス、住友不動産販売、東急リバブルといった大手不動産会社の1社のみに売却を依頼せず、複数の会社に依頼するべきです。

より高く、より速く、確実に売るためには「競争の原理」の導入です。その中に地元の不動産会社を1社加えてみてはいかがでしょうか?具体的には大手不動産会社2社、地元の不動産会社の計3社が理想的です。

見学に来た人には当たり障りのないことしか言わない?!

多くの不動産会社の営業マンは、築年数、間取り、付帯設備といった物件概要は説明しますが、肝心要の暮らしに関する情報は、担当する営業マンにより極端にバラツキがあります。

【マンションの場合】

「ランニングコストは管理費、修繕積立金、固定資産税などです」

「駐車場の空きはありませんから近所で月極を借りるしかないですね」

「大規模修繕工事の予定は管理会社に聞いてみないとわかりません」

こんな中途半端な答えで、買う側は納得するのでしょうか?

購入を検討される人は物件以外のことも知りたい

・安心して遊べる公園のこと

・親切でやさしいお医者さんのこと

・新鮮な野菜を売る農家さんの直売所のこと


『この公園のトイレってキレイですか?』

『あそこのクリニックって駐車場ありますか?』

『育ち盛りの子がいるので、オススメのお店知っていますか?』

などが、お住まいを探される方が知りたい事なのです。

住まいの履歴書を作りましょう!

住まいの履歴書を作ることで、購入を考える方に、安心と安全という好印象を与え、あなたの信用度が飛躍的に高くなります。

新築物件には、細かい情報がありますが、ほとんどの中古物件にはありません。

買われる人の目線、売るには一番重要なことです。

住まいの履歴書って何?

「いつ」

「誰が」

「どの部分を」

「どのように直したか」

といった履歴から、暮らしているからこそ知ってるあなた独自の情報です。

住まいの履歴書は、購入を考える人に効果抜群です。

即金買取も実施しています

弊社はインターネット・各種SNSを駆使するとともに、地元不動産会社とも連携し 「より速く・より高く・確実に」売主様の利益を追求いたします。

大手不動産業者のような、売主と買主の双方から手数料を得る、いわゆる両手仲介をするために自社で情報を抱え込み、売主の不利益となる物件の『囲い込み行為』は一切いたしません。

また諸事情により、ご売却を急がれる方には即金買取をしています。

わたしが安心安全な売り方を明かします

【床が腐っている家】
【少し雨漏りがする家】
【隙間風が入り込む家】



売るためのノウハウ
安心安全な売り方を明かします


フリーダイヤル
0120020408

この記事を書いた人
鈴木 義晴 スズキ ヨシハル
鈴木 義晴
顔を見せて身分を明らかにし、真っ当なお手伝いをします。しつこい営業はしません、しつこくされるのが嫌いだからです。西東京市には、たくさん良いところがあります。親切でやさしい人がたくさんいらっしゃいます。一人でも多くの人に、その良さを知って欲しい、そして暮らして欲しい。モノよりもコト、コトよりもヒトを大切にする!そんなわたしです。
arrow_upward